妊娠初期や生理前の頭痛の原因は?薬が飲めない時頭痛の予防に最適なのは×××

zutsuu

妊娠時に多くの人が経験される悩みの症状の1つに「頭痛」があります。

妊娠前にも女性は頭痛持ちが多いですが、妊娠中は、日常化していた頭痛さえも厄介な症状です。

その理由として「妊娠中は鎮静剤などの薬が飲めない」状態だからです。

このために、たかが頭痛でも、なってしまうと薬に頼れず、大変苦んでしまうのです。

なってからでは遅いので、頭痛にならないように予防する事が大事です。

その予防方法を検証してみましょう。

スポンサーリンク

→肩こりから来る頭痛・発熱や手足のしびれの原因や症状を和らげる方法は?

妊娠時、生理痛の頭痛の原因は?

妊娠時、生理痛に頭痛になる原因は「ホルモンバランスの変化」です。

妊娠時、生理前もホルモンバランスに変化が訪れるので、頭痛へと繫がりやすいのです。

その他に「ストレス」も原因の1つです。

ストレスは脳の血行を悪くしてしまいます。

そうなると肩や首などの他の体の部分も血行不良で凝ってしまい、結果的に頭痛になってしまったりします。

また、運動不足による体の血行不良も原因になります。

その他に「貧血」があります。妊娠中は通常よりもさらに血液が必要になるために、貧血になりやすい状態です。血圧の異常も原因として存在します。

「妊娠高血圧症候群」という症状です。

この症状は、血圧の上昇に伴い、脳内の血管が広がります。

その周りの神経が圧迫されて頭痛を起こすのです。

スポンサーリンク

→頭痛の症状で意識障害やけいれんが起こったら×××の可能性も!?

頭痛の予防法とは?

女性に多い貧血予防などをして、散歩やヨガなど適度な運動をして血行を良くし、ストレスを極力少なくして、リラックスできる状態を作ることが大切です。

私生活も大事です。

夜更かしをしていたりして体内時計が狂ってしまうと、頭痛へのリスクも高くなります。

スマホを長時間いじったり、デスクワークを同じ姿勢で長時間居たりする行為も血行を悪くする要因となりますので注意が必要です。

呼吸が浅いと代謝が下がるので、深く深呼吸をすることも大事です。

頭痛になる前にこれらのことを気をつけながら、頭痛を予防をしましょう。

→耳鳴り・めまい・ふらつき・頭痛・動悸!5つの症状を感じたら×××の病気を疑うべき


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存