脳腫瘍治療後の再発率は?再発の症状は頭痛?生存率や余命はどの位なのか?

braintumor

脳腫瘍の再発率はどれくらい?

スポンサーリンク

脳腫瘍には大きく分けて良性のものと悪性のものがあります。

そして、悪性の度合いを1~4のグレードで表します。

グレード1はほとんどが良性のもので、外科手術で取り除けばほぼ再発はありません。

ごくまれに、腫瘍の細胞をすべて取り除けていなかった場合に再発することがあるようですが、ほぼないと思っていいでしょう。

問題はグレード2以降です。

グレード2以上に分類される脳腫瘍はすべて悪性脳腫瘍に分類されています。

そして、グレード2でも5年以内の再発率は約50%といわれています。

悪性脳腫瘍は脳の広範囲に侵食し、外科手術のみではすべての細胞を取り除くことができないからです。

そのため、これらの治療には外科手術とともに放射線治療や化学療法が用いられます。

再発したときの症状は、脳のどこに腫瘍ができたかによるので一概にはいえません。

ただ、頭痛よりもけいれんが多いようです。

スポンサーリンク

▶︎脳腫瘍で亡くなった芸能人や有名人は?

脳腫瘍の5年生存率は××%

脳腫瘍の5年生存率は、全体的な平均でいえば75~80%といわれ、ほかのがんに比べると良好なようです。

ただし、グレードや脳腫瘍の種類によって生存率は大きく異なります。

たとえばグレード1の髄膜腫、下垂体腺腫などは外科手術さえ成功すれば5年生存率はほぼ100%になります。

グレード2の星細胞腫は5年生存率は、50~70%で平均余命は7~8年とされています。

一方で同じグレードの乏突起神経膠腫は、平均余命が12年程度となっています。

グレード3からは生存率がかなり下がってきます。

退形成星細胞腫では5年生存率は20%退形成乏突起神経膠腫では30%になっています。

最も悪性度が高いグレード4の膠芽腫になると、5年生存率は6~8%といわれ、平均余命は約1年になります。

残念な話ですが、グレード3以上は現在のところ完治の見込みはほぼないと考えられていて、いかに患者を心身ともによい状態で保つかという治療方針になることが多いようです。

最近では、「いかに腫瘍と仲良く生きるか」という考え方にシフトしており、緩和治療へ移行することも少なくないようです。

▶︎脳腫瘍手術をする際に髪の毛は全部剃るのか?費用や入院期間はどの位?


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存