脳梗塞と脳卒中の違いは?脳卒中の定義はアレだった!

brain

脳卒中? 脳梗塞? 色々ある脳の病気!

スポンサーリンク

脳梗塞や脳卒中という病名をよく聞きますが、具体的にどういう違いがあるのかはよくわかりませんよね。

実は、「脳梗塞」は脳卒中に含まれているんです。

というのも、脳卒中は「脳の血管に異常が起こり、脳への血流が阻害された結果、脳細胞が壊死を起こす」病気全般を指すからです。

この脳卒中の「脳の血管の異常」がどういうものかで、脳梗塞、脳出血、など細かく分類されています。

脳卒中では、異常が起こった脳の部位でも異なりますが、多くの場合、手足の麻痺、半身不随、言語障害などの後遺症が残るとされています。

スポンサーリンク

▶︎緑茶やコーヒーが脳卒中の予防に繋がる?効果の理由は×××

脳卒中を詳しく知っておこう

さて、脳卒中の原因になる「脳の血管の異常」には、大きく分けて2種類あります。

(1)脳の血管が詰まって塞がっているタイプ(2)脳の血管が破れて出血しているタイプです。

(1)脳の血管が塞がっているタイプ

代表的なものに「脳梗塞」があります。

脳「梗塞」という名前の通り、脳の血管が詰まって細くなり血流が滞ったり、血栓が詰まっている状態を指します。

また、脳梗塞の中にも「脳血栓症」「脳塞栓症」という分類があります。

《脳血栓症》

脳の太い動脈などが動脈硬化などによって徐々に狭くなり、血の塊などで少しずつ詰まっていきます。

あるいは、高血圧によって血管が損傷を受け、詰まってしまう場合もあります。

それぞれ、アテローム血栓性梗塞、ラクナ梗塞とも分類され、ラクナ梗塞は日本人の脳梗塞の約半分をしめるといわれています。

《脳塞栓症》

心臓でできた血栓が脳に運ばれ、脳の血管を詰まらせます。

普通の人なら心臓で血栓ができることはありませんが、心臓疾患を持っている人は血栓ができやすい状態にあるので、注意が必要です。

(2)脳の血管が破れるタイプ

いわゆる「脳出血」です。

よく耳にする「くも膜下出血」もこれに該当します。

《脳出血》

高血圧などで脳の細かい動脈に圧力がかかりすぎ、血管が耐えきれずに破れて出血を起こした状態を指します。

《くも膜下出血》

脳の表面にある大きな動脈に瘤ができ、これが破れて脳の表面に出血した状態を指します。

▶︎脳卒中に予防効果のある食事は梅とふきは本当?オススメの食材は×××!


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存