くも膜下出血の原因に高血圧や遺伝も関係しているのか?

DNA

くも膜下出血のリスク因子

スポンサーリンク

くも膜下出血には大きな原因が2つあるといわれています。高血圧と喫煙です。

高血圧はくも膜下出血による命を落とすリスクが約3倍も高くなるといわれています。

血圧が高いと、それだけ血管に強い力がかかり続けているということになり、血管が破れやすい状態にあるといえます。

また、くも膜下出血の前兆として、血圧の乱高下があります。

このことからも、くも膜下出血と血圧には相関関係があるといえます。

次に喫煙ですが、喫煙にもくも膜下出血のリスク因子があると考えられています。

原因は様々ですが、ひとつに血管を収縮させる作用があることが挙げられます。

喫煙者では3~2倍のリスクがあります。

高血圧と喫煙のほかのリスク因子として、家族の病歴があります。

親や兄弟などに脳卒中になったことがある人は、そうでない人に比べて約2倍のリスクがあります。

スポンサーリンク

▶︎くも膜下出血のレベル5とは?特徴的な症状はいびきと顔面の紅潮!

リスク因子からくも膜下出血を予防しよう

「家族の病歴なんて、自分じゃ予防のしようがない」と思う人もいるかもしれませんが、家族に脳卒中の病歴がある人こそ、ほかのリスクを排除してくも膜下出血のリスクを下げる必要があります。

特に高血圧と喫煙は自分でコントロールできるので、日常的に注意しておきたいところです。

高血圧は「収縮時血圧140mm以上/拡張時血圧90mm以上」と定義されています。

自分の血圧を日常的に把握し、高血圧の場合は医師に相談して血圧のコントロールに努めましょう。

また、塩分を控えたり、運動不足を解消することも重要です。

次に喫煙ですが、喫煙によるリスクはタバコの本数に関係ありません。

1日10本以下でも20本以上でも、リスクは同じように高くなります。

そのため、喫煙によるリスクをなくすには、すっぱり禁煙する必要があります。

禁煙は早ければ早いほど予防効果があるといわれます。

禁煙外来など上手く利用して、1日でも早く禁煙に取り組みましょう。

そのほか、自分でできる予防法として、ストレスを発散することが挙げられます。

ストレスを感じると血管が収縮しやすくなるので、適度に発散できる趣味を持つことも予防につながります。

▶︎くも膜下出血の主な原因はタバコと酒とドラックが多い?予防対策は×××!


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存