くも膜下出血の主な原因はタバコと酒とドラックが多い?予防対策は×××!

drink

タバコ、酒、ドラッグの使用は高血圧を招く


スポンサーリンク


くも膜下出血の直接的な原因は高血圧です。

こう言うとタバコやお酒は関係なさそうですが、その「タバコ」と「アルコール」が高血圧を招くことになります。

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる働きがあります。

縮んで細くなった血管に血液を流すためには、普段よりも強い力をつかって血液を送り込まなければなりません。

この状態が「高血圧」そのもなのです。

次にアルコールですが、こちらはタバコより少し複雑になります。

少量のアルコール摂取は、むしろ血圧を下げる傾向にあるからです。

また、少しお酒を飲む人は、全く飲まない人に比べて動脈硬化になりにくいという研究結果もあります。

多少の飲酒はストレス発散にもなって、くも膜下出血のリスクを下げることにもつながります。

ただし、これはあくまでも少量の飲酒に限ります。

大量の飲酒は全く逆効果で、動脈硬化を招き、高血圧を起こす原因になります。

最後にドラッグですが、日本では当たり前に手に入るわけではないので、それほど重要視する必要はないでしょう。

ただ、一般的に処方される薬剤の中には、麻薬の成分を含むものも存在します。

これらの成分には一時的に血圧を非常に高くする作用があることもあるので、もし服用している薬剤にそういった作用がある場合には、医師に相談してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

▶︎くも膜下出血のレベル5とは?特徴的な症状はいびきと顔面の紅潮!

タバコなどが原因のくも膜下出血を予防するには?

タバコやアルコールが原因になるのは前段の通りなので、これらが原因のくも膜下出血を予防するためには、タバコやお酒を控えることが最も効果的です。

タバコのリスクをなくすためには、禁煙するしかありません。

タバコは吸う本数にかかわらず、くも膜下出血のリスクを高めることがわかっています。

次に、アルコールですが、お酒はタバコほどシビアに考える必要はありません。

ただ、量は抑えるようにしましょう。

くも膜下出血のリスクを軽減するためには、1日にビールなら中瓶1本、日本酒なら1合、ワインなら2杯以下程度が望ましいとされています。

この程度なら、無理に禁酒するより体に良いとされています。

▶︎くも膜下出血の後遺症は?記憶障害・水頭症・認知症・幼児退行がもっとも多い?


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存