頭痛の症状で意識障害やけいれんが起こったら×××の可能性も!?

headache

頭痛に悩まされて居る方は大変多いと思います。

その原因や症状の度合いも人それぞれですが、重度になると私生活に影響してしまい、非常に苦しい持病と言っても過言ではないでしょう。

そんな頭痛の中でもけっして放っておいてはいけない症状があります。

それは「意識障害」「けいれん」がこれにあたると言われています。

このような症状の場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?

スポンサーリンク

意識障害やけいれんにはどのような原因があるのか?

「意識障害」や「けいれん」を起こす原因は様々ですが、日常生活でありがちな原因は、夏などの厚い時期に高温による脱水症状が原因が上げられます。

高温により血流が減少してしまうことで、意識障害が訪れます。

その他に細菌感染などにより脳が炎症したり、高熱で意識障害になったりもします。

その他に、てんかんによるけいれんや、熱性けいれんもあります。

糖尿病でけいれんも起こります。

アルコールを過剰摂取すると、アルコールの成分により脳を麻痺させて意識障害を起こします。

そして怖い病気の一つの「脳梗塞」です。

動脈硬化で血管が細くなってしまい、そこに血液が固まり血栓が出来てしまい、血流が止まってしまうのが脳梗塞です。

これにより、意識障害、言語障害、半身不随に陥ります。

最悪、心臓が停止し命にも関わります。

そして、同じく怖い病気に「心筋梗塞」があります。

心臓の冠動脈が動脈硬化を起こして血栓が出来て血流が止まってしまうと意識障害を起こしたりします。

これも命に関わる恐ろしい病気です。

肝不全などもそれにあたります。

肝不全は黄疸、腹水などが怒り、錯乱、昏睡などの意識障害が起こります。

スポンサーリンク

▶︎肩こりから来る頭痛・発熱や手足のしびれの原因や症状を和らげる方法は?

意識障害やけいれんに様々な原因が!もしやと思ったら病院へ

「意識障害」「けいれん」には様々な原因がありますが、もし、このような症状に陥る前に、それぞれの病気の症状が現れた時点で病院へ行きましょう。

「意識障害」や「けいれん」になってからでは遅い場合が多々あるからです。

なってからではもう手遅れの場合だってあるのです。

自分の体に現れた症状を見落とさずに、きちんと把握しておき、気になる症状があった場合は、自己処理せずに病院で診察をしましょう。

▶︎耳鳴り・めまい・ふらつき・頭痛・動悸!5つの症状を感じたら×××の病気を疑うべき


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存