緊張型頭痛の症状!めまいや吐き気は何故起こるのか?

headache

緊張型頭痛って何?

スポンサーリンク

偏頭痛は精神的ストレスによって脳の血管が縮小拡張することで起こる頭痛ですが、緊張型頭痛はどちらかといえば身体的ストレスが原因で起こる頭痛です。

緊張型頭痛の主な原因は、首や肩の凝りです。

肩から首にかけての血行が悪くなると、直結している頭の血流も悪くなります。

この血行の悪さが、緊張型頭痛のギューっと締め付けられるような痛みを発生させるのです。

緊張型頭痛ではめまいが症状として見られます。

めまいが起きる理由は、ひとつは脳に血が届きにくくなり、脳が酸素不足に陥るためと考えられます。

そのせいで、ぐるぐる目が回ったようなめまいよりはふわふわと地に足がつかないようなめまいが起こります。

めまいが起こるもうひとつの理由は、首や肩が緊張しているため頭の位置が脳に伝わらないためといわれています。

緊張型頭痛で吐き気を伴うことは少ないですが、めまいと同じ理由で酔ったような状態になり、気分が悪くなることは考えられます。

めまいが起こっているときは動き回らず、安静にするようにしましょう。

スポンサーリンク

▶︎緊張型頭痛は治らない病気なのか?症状を軽減する為の3つのポイント!

緊張型頭痛の治療には

あまりにひどいときは病院での治療が必要になります。

主に筋弛緩薬で筋肉の緊張を和らげたり、鎮静剤で痛みを抑えたりといった薬物治療になります。

ですが、治療するほどでもないけど日常生活で気になる程度の頭痛の場合は、生活改善を指導されます。

緊張型頭痛を和らげるには、肩や首の血行をよくし、凝りをほぐす必要があります。

まずは、肩こりなどが起こりにくくするために、普段の姿勢を正しましょう。

特にデスクワークが多い人は、長時間同じ姿勢を続けることで、肩や首の凝りを招きます。

同じ姿勢を続けないように、適度に休憩を取ってストレッチを行うなど心がけましょう。

また、血行をよくするには体を冷やさないようにすることも重要です。

シャワーだけでなく毎日湯船にしっかり浸かって、体を温めるのも凝りの解消には重要です。

同様に、日ごろから運動を心がけて、筋肉をつけるのも予防になります。

▶︎緊張型頭痛に効果のある治し方はツボの刺激と運動が最適?


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存