片頭痛に効く食べ物と悪化させる食べ物

wine

片頭痛と食べ物に何の関係があるの?

スポンサーリンク

実は片頭痛と食事には密接な関係があります。食材の中には、片頭痛を悪化させるものがあるからです。

ひとつ目はポリフェノールを多く含む食べ物です。

抗酸化作用が健康にいいとして有名ですが、ポリフェノールには血管を拡張させる働きがあります。

片頭痛は拡張した血管によって脳の神経が刺激されることによって起こると考えられているので、取りすぎには注意しましょう。

赤ワイン、チョコレートなどが挙げられます。

二つ目はチラミンを含む食べ物です。

あまり聞きなれない物質名ですが、チラミンはチーズ、玉ねぎなどに含まれています。

チラミンには血管を収縮させる効果があって、一見片頭痛に効果が出そうなのですが、血管収縮効果が強すぎるため反動で血管が拡張しやすくなります。

ほかにもアスパラギン酸やグルタミン酸ナトリウムを含む食べ物も、片頭痛を悪化させるといわれています。

これらの成分を含む食べ物を完全に食べなくするのは難しいですが、摂取量を減らしたり、頭痛が起きているときには控えるなどして対処しましょう。

スポンサーリンク

▶︎市販の片頭痛の予防薬に副作用はあるのか?効果はどうなのか?

食事で片頭痛を軽くしよう!

片頭痛を悪化させる食材があるなら、改善してくれる食材ももちろんあります。

ひとつ目はビタミンB2が含まれる食べ物です。ビタミンB2には血圧を下げる効果があり、片頭痛を和らげてくれます。

ホウレンソウ、ヨーグルト、牛乳に多く含まれています。

二つ目はマグネシウムを多く含む食べ物です。

マグネシウムは血管を柔らかく緩めてくれる効果があります。

片頭痛では血管が拡張してパンパンに張った状態が続きますから、それを緩めてくれるので緩和につながります。

アーモンド、バナナ、豆腐製品などに多く含まれます。

三つ目はカフェインです。

カフェインには血管を収縮してくれる効果があります。

ただし、注意が必要なのは摂取しすぎると、チラミンと同じように反動で血管が拡張しやすくなります。

ほかにも、血管拡張による炎症からの頭痛をおさえるオメガ3脂肪酸、脱水症状からくる頭痛を緩和する水分を多く取ると、片頭痛の予防や改善に効果的です。

▶︎片頭痛から起こる吐き気やめまい!予兆に合わせた食事対処法とは?


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存