片頭痛を和らげるにはコーヒーが効く⁉︎効果的な飲み方と注意点は?

coffee

ズキズキと脈打つ痛みが襲う片頭痛。

痛みが起こると、アロマをたいてみたり、頭部を冷やしてみたりと、自分に合う方法で片頭痛の痛みを和らげるものです。

そうした方法の一つにコーヒーがあります。

コーヒーを飲むと、辛い片頭痛の痛みが和らぐという人は少なくありません。

しかし、コーヒーを飲んで片頭痛が起こったという人もいます。

コーヒーが片頭痛に効くのはどうしてでしょうか?

スポンサーリンク

カフェインが血管を収縮させる

片頭痛のメカニズムは、まだ解明されていません。

現在有力なのは、頭の中で血管が拡張し、周囲にある三叉神経を刺激することで頭痛が起こるという説です。

三叉神経は、刺激を受けると、痛みの原因物質を放出します。

痛みの原因物質が放出されたことで、血管の周りに炎症が起こります。

炎症が起こって痛みとして認識されるというわけです。

三叉神経からの刺激が大脳に情報として伝えられる途中で、吐き気をコントロールする嘔吐中枢にも刺激が伝わります。

嘔吐中枢が刺激され、吐き気が現れます。

片頭痛が起こった時、激しい頭痛とともに吐き気が起こるのは、そのためです。

片頭痛は、脳の中で血管が急激に拡張することで引き起こされます。

片頭痛の痛みを和らげるには、脳の血管の拡張を解消することが重要です。

カフェインには、血管を収縮させる作用があります。

そこで、コーヒーを飲むと、片頭痛の痛みが和らぐことがあります。

ちなみに、頭痛と言っても、筋肉の緊張が原因で引き起こされる緊張型頭痛の場合は、コーヒーを飲むことで血流が悪化して痛みがひどくなることがあります。

頭痛の種類を知ることが大切です。

スポンサーリンク

▶︎片頭痛を和らげる薬ランキングベスト5!主な有効成分を知って使い分けよう!

コーヒーの飲み過ぎには注意!痛みが軽いうちに飲むのが効果的!

片頭痛持ちであっても、コーヒーを飲みすぎると、カフェインの摂り過ぎによって頭痛が起こることもあります。

カフェインは、血管を収縮する作用がありますが、急激に収縮させると、血管は逆に拡張を始めることがあります。

そのため、片頭痛の痛みが生じることになります。

また、カフェインの興奮作用が続いて神経が誤作動を起こし、痛みにつながることもあります。

カフェインによる頭痛は、1日のカフェイン摂取量が200mgを超えるとリスクが高まります。

1杯のコーヒーに含まれるカフェインの量は、レギュラーコーヒーで40~180mg、インスタントコーヒーで30~120mgとされています。

小さめのコーヒーカップだと、3杯が分岐点になると考えると良いでしょう。

コーヒーの香りにはリラックスを促す効果があります。

ストレスも片頭痛の要因の一つなので、まだ痛みが軽いうちや痛くなりそうな予感がした段階で、早めにコーヒーを飲むと良いとされています。

なお、コーヒーには利尿作用もあります。

二日酔いで頭痛に悩まされる時には、コーヒーを飲むと良いと言われています。

肝臓がアルコールを分解する過程で発生するアセドアルデヒドは、汗か尿として体外に排出されます。

コーヒーの利尿作用で、アセドアルデヒドの排出が促されるためです。

▶︎片頭痛を和らげる効果的な3つのポイント!ツボ・食べ物・飲み物は何が良い?


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存