子供の頭痛!熱が無い時にはどのようなことが原因なのか?

headache

子供は、頭痛が起こっても、そのことを言葉でうまく説明することができません。

痛むところを指差して「ここが痛い」と訴えてくれればまだしも、ぐずりながらイヤイヤすることもあれば、元気をなくしてじっとしているだけのこともあります。

発熱を伴う場合は、病院を受診させるという判断もしやすいですが、熱を伴わないで頭痛が起こることもあります。

熱を伴わない子供の頭痛には、どのような原因が考えられるでしょうか?

スポンサーリンク

緊張型頭痛が原因のこともある

緊張型頭痛が原因のことがあります。

緊張型頭痛というと、成人女性に多い頭痛ですが、子供にも見られます。

緊張型頭痛の原因は、肩こりや首の筋肉の凝り。

一日中うつむいて仕事をする人に多く起こります。

タブレットの活用が盛んになり、スマートフォンやテレビゲームが普及している今日では、子供達の生活にもうつむいたままの時間が増えています。

タブレットやスマートフォン、テレビゲームなどを扱う時間は、親子で決めることが大切です。

子供が自分の部屋にこもって、長時間タブレット等を扱うことが無いようにしましょう。

また、大人が考える以上に、子供たちはストレスを抱えています。

両親に叱られたり、ママがイライラとした様子を見せ続けたりすると、子供の緊張は高まります。

緊張状態が続くと、首や背中の筋肉が緊張します。

緊張状態が続いている子供の首の筋肉は、しばしば左右差が大きく出ていることがあります。

背中の片側だけが盛り上がっていることもあります。

いずれも筋緊張の結果です。

毎日、1回は子供の頭をゆっくりと撫でてあげましょう。

ゆっくり撫でると、子供はリラックスします。

背中も優しくさすってあげましょう。

人差し指と中指で子供の背骨を挟むように手を置きます。

指の腹でこすります。

首の付け根からスタートして骨盤付近までさすってあげましょう。

スポンサーリンク

▶︎腹痛と頭痛が一緒に起こる病気は風邪じゃない?考えらえる3つの原因!

偏頭痛が原因のこともある

偏頭痛も成人女性に多い頭痛ですが、子供にも見られます。

4~5歳になると、子供でも偏頭痛が起こることがあります。

子供の偏頭痛は、成人の偏頭痛より急に症状が始まり、短時間で治まってしまうことが少なくありません。

成人の偏頭痛は、最低でも4時間近く症状が続きますが、子供の場合は1時間くらいで治まってしまうことがあります。

ただし、子供の偏頭痛は、嘔吐や下痢を伴うことも多く、症状が重いものに見えることも少なくありません。

痛むのが、頭の両側であることも特徴です。

頭の片側だけが痛むようになるのは、思春期の終わり頃からと言われています。

体育の授業の後に偏頭痛が起こることも少なくありません。

運動して血行が良くなったことで、血管が拡張して頭痛が起こると考えられています。

ただし、発熱を伴わないため、頭が痛いと訴えても、保健室で休ませてもらえないこともあるようです。

主治医に「頭痛が起こったら、保健室で休ませてください」と一筆書いてもらうのも、一つの手です。

偏頭痛の子供には、車酔いする子供が多いことが報告されています。

車酔いは自律神経の問題ですが、なぜ車酔いする子供が多いのかは、よく分かっていません。

偏頭痛が起こったら、暗くした部屋で横にさせて安静にすることが大切です。

市販の鎮痛剤は、15歳未満の子供に服用させてはいけないものもありますので、安易に飲ませないようにしましょう。

子供でも服用できる鎮痛成分としては、アセトアミノフェンがあります。

アセトアミノフェンには抗炎症作用が無いため、通常、炎症効果を持つエテンザミドとの併用がなされます。

市販の頭痛薬では、「ノーシン錠」が、アセトアミノフェン、エテンザミド配合です。

▶︎前頭葉やおでこが痛い頭痛の原因は×××だった!治療に効果的な3つのポイント


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存