後頭部の頭痛で耳の後ろのズキっと痛い原因は?偏頭痛それとも病気?

Ear of  women

耳の後ろが電気が走ったみたいに痛む…原因は?

スポンサーリンク

後頭部の中でも特に耳の後ろが痛いと訴える人がいます。

もちろん、偏頭痛の可能性は高いです。

偏頭痛の症状の出方は個人差があり、いつも決まった場所が痛む人もいれば、痛む位置が変わる人、頭の片方が痛む人、全体が痛む人など様々です。

中にはこめかみや目の奥まで痛みを感じる人もいて、耳の後ろが痛くなる人もいます。

もうひとつの可能性として、後頭神経痛が考えられます。

後頭神経痛とはその名の通り、神経痛の一種です。

神経痛というと高齢者の手や足に痛みが出る病気だと思われがちですが、この病気に年齢は関係なく、また神経のある部位になら末端に限らず起こる可能性があります。

後頭部には3本の神経が走っていて、それぞれ大後頭神経、小後頭神経、大耳介神経と呼び、このうち耳の後ろを走っているのが大耳介神経になります。耳の後ろが痛む場合は、大耳介神経痛だと考えられます。

後頭神経痛の痛みの特徴は、ビリッとかピリッとか、電気的な痛みが数秒起こります。

ほとんど一瞬で持続はしませんが、痛みは大きく寝ていられないという人もいます。

スポンサーリンク

▶︎頭痛で後頭部や目の奥が痛い、吐き気がするのは肩こりが原因なのか?

後頭神経痛の改善方法は?

後頭神経痛は命にかかわるような病気ではありません。

しかし、不意に痛みが走ったり、睡眠時の痛みでよく眠れなかったりと、不快感を覚える人も多いようです。

後頭神経痛の原因は様々考えられますが、何らかの理由で神経が圧迫されて痛みが起こっていることがほとんどです。

頭痛外来などで薬物治療をおこなえば、ほとんど場合治ります。

あまりにひどい場合は、ブロック注射の治療を行う場合もあります。

専門の治療を行うのが最も簡単で確実な治療だと思いますが、自分でもできることがあります。

たとえば、後頭神経を圧迫する原因には肩こりや首の凝りもあるといわれます。

日常の姿勢を正したり、運動不足を解消することも改善策のひとつになります。

また神経痛は体調が悪化しているときに起こりやすいといわれています。

ストレスや肉体的な疲労を改善したり、肩や首の凝りをほぐすようにすると、痛みの発作が起こりにくくなると考えられます。

▶︎頭痛で後頭部左下に鈍痛の様な痛みがする原因は×××の症状!対処法は?


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存