2017年卒の大学生はいつから就職活動をすべきか?失敗しないための3つの注意点!

混乱を極めた2016年卒の学生たちの就職活動。

採用情報の解禁を3年生の3月、選考開始と内定出しを4年の8月以降とする試みは、学生たちからも採用する企業からも不評でした。

混乱が大きかったことを受け、経団連は、2017年卒の大学生を対象とした大手企業の採用活動を見直す方針を固めました。

大幅にスケジュールを後ろ倒しした今回の内容を一部変更。

面接などの解禁日を多少前倒しする方針で調整を進めるようです。

2017年卒の大学生は、いつから就職活動を始めると良いでしょうか?

スポンサーリンク

面接解禁は大学4年生の6月から⁉︎

employment

現在、経団連が模索しているのは、選考活動を今年の8月から2ヶ月前倒しし、4年生の6月に解禁するという案です。

ただし、6月は、多くの企業で株主総会が行われます。

株主総会が集中する6月に選考活動を解禁することに会員企業がどのような意識を持っているのかを、経団連はアンケートで問うとしています。

会員約1300社を対象にアンケートを実施し、その結果を受けて、最終判断をするとのこと。

2017年卒の大学生の採用活動は、まだ不透明な部分が残っているというのが、実情です。

現在、示されているおおよそのスケジュールは、3月に採用情報やイベント情報の解禁、4月から企業説明会、5月からエントリーシートの提出や筆記試験の開始、6月から面接と内定出しの開始というものです。

このスケジュール通りに実施されるとしても、採用側が株主総会という大きな行事を控えている月に選考が行われるわけですから、人事担当者も手が取られる状況であると考えておくべきでしょう。

度重なる日程変更に、企業側も混乱が生じる可能性はあります。

就職活動を始めるに当たっては、気になる業界や企業の動向をしっかりと把握しておくことが大切です。

そのような状況を踏まえ、大学側でも、就職指導を大学3年生の12月頃から始めているところが少なくないようです。

就職課から入手できる情報をもとに、自分なりに年内から情報を集めるようにすることが必要です。

スポンサーリンク

▶︎冷え性解消法!ストレッチや運動で冷えやむくみは改善されるのか?

失敗しないために注意したい3つのこと

employment1

1.早い段階で、公務員・教員に進むか一般企業に専念するか、決めておくこと。

6月に予定される一般企業の面接。6月選考が開始されると、公務員や教員の選考とスケジュールが重複します。

2015年卒の大学生までは、なんとかやりくりして両方の進路を考えることもできましたが、2017年卒の大学生には、そうした活動は事実上無理と言えます。

進路を早く決めることが求められます。

2.活動できる機会は限られると覚悟しておくこと。

2016年卒の大学生への採用活動の反省を踏まえ、選考開始が前倒しされることになりそうですが、2015年卒の大学生までに比べると、採用の機会は1回減ったと見るのが妥当です。

また、株主総会が開かれる月から選考が開始されるとなると、選考の日程も自ずと限られた日にちに集中します。

今年並みに過密化が見られると予想すべきでしょう。本当に入りたい会社に絞って活動する覚悟が大切です。
3.一般的なスケジュールに乗らない企業が増えることを理解しておくこと。

今年も、水面下で採用や広報活動を行う企業は、少なくありませんでした。

その流れが変わることは、まず無いでしょう。

本当に入りたい会社、気になる業界の動向は、自分でチェックしておくことが大切です。

うっかりしていて、すでに採用活動は終了していたということが、無いようにしましょう。

就職課を通してOBやOGから生の情報を集めることが必要です。

▶︎冬のボーナス支給日はいつ頃?新入社員の平均ボーナスの相場はどの位なのか


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存