成人式に行かない割合は?理由はイジメや不登校が原因なのか?

20歳の記念写真の前撮りが、ピークを迎えています。

そろそろ成人式の後に開かれる同窓会の連絡が回る頃になりました。

一生に一度の成人式。そうした感慨に浸るのは、ご両親でしょう。

成人式を迎える本人にとっては、式典に参加するかどうか自体が問題かもしれません。

「みんな出席するのかな?」と、密かに気にしている人もいることでしょう。

出席率は、どのくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

成人式の出席率は50~70%

age20
ここ数年の成人式の出席率は、ある調査によると、50~70%とのことです。

地域差も大きく、地方では80%を越すところも、もちろんあります。

2000年からハッピーマンデー制度を導入してから、多少とも出席率が向上したとも言われています。

ちなみに、2014年の千葉県浦安市の成人式は、出席率が約77%とのこと。

浦安市の成人式と言えば、ディズニーランドで開催されることで有名です。

ミッキーたちが成人の日だけのスペシャルプログラムを用意してくれる成人式。

人気が高いと思われる成人式でも、出席率は、80%を切っています。

▶︎成人式前撮りの時期は?家族と一緒に撮影するべき?両親の服装について!

出席したい理由としては友人に会いたい

age20

成人式に出席する理由は、「親が期待しているから」「着物を用意してもらったから」「誘われたから」といった、消極的な理由も少なくありません。

出席する積極的な理由では、「久々に小学校や中学校時代の友人に会いたいから」が最も多いようです。

高校を卒業すると同時に、進学や就職のために地元を離れる人も多い地域では、ことに再会への期待が高いようです。

多感な思春期を経て、友人がどう変化したのかということに不安と期待を抱いて、成人式後の同窓会に参加する新成人。

そうした経験を伝え聞いて、成人式への出席を決める人は少なくないようです。

スポンサーリンク

▶︎成人式前撮りの料金相場は?オススメの髪型やメイクは?

成人式に出席しない理由は?

age20-2
成人式に出席しない理由も、「出席したくないから」というものと、「出席できない事情があるから」というものの2通りがあります。

すでに就職している人では、職場に理解があるところ以外では、成人式に出席するための有給休暇を取得することも難しいのが実情でしょう。

松の内が終わってようやく業務が通常に戻り、年度末に向けて忙しくなる時期だからです。

大学に進学した人も、試験勉強の期間と重なりやすく、学業優先になりがちです。

出席できない事情が無い場合、最初から欠席するつもりの人と最終的に出席するのをやめた人の2通りに分かれます。

2014年の成人式では、事前調査では「参加する」と答えた人は80%でした。しかし、実際に参加したのは、50~70%。

つまり、20%の人は、最初から欠席するつもりでおり、10~30%の人は、直前まで悩んだ挙句、出席するのをやめたことになります。

最初から欠席する予定だった人の中には、出席できない事情がある人が含まれます。

出席できない事情がなくても、最初から欠席することにしていた人がどのくらいいたのかは、不明です。

その理由も詳細は、分かっていません。

出席するつもりでいたものの、最終的に出席を取りやめた理由としては、「仲の良かった友人が参加できなくなってひとりぼっちになるのが嫌だったから」「なんとなく面倒くさいから」「式典で荒れる様子を見るのが嫌だから」「市長の話を聞くのがつまらないから」などがあげられます。

ことに近年、成人式に出席しないのは負け組といった風潮が見られるようになってから、成人式や同窓会で仲の良い友人と一緒にいられないといたたまれない思いをすると、不安を募らせる新成人が増えているようです。

誘われても行くつもりはないけれど、誘ってもらえなかったということに悩んで、成人式にしこりを残す人もいます。

成人するということは、時間を紡ぎなおす一つの節目を迎えたということです。

幼かった自分の殻を破る機会が成人式です。

昔の人間関係に、自分の手で新しい形を与える勇気を持ってみる機会なのではないでしょうか。

▶︎元旦と元日の違いは?年賀状を送るのに知っておきたいポイント!


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存