スタバ2016年の福袋の中身を2015年の福袋から予想!予約はいつまで?

初売りの楽しみは、何と言っても福袋。

何が入っているのか分からないドキドキ感。

思いがけず素敵な商品をゲットした時のワクワク感。

一度でも素敵な商品に出くわすと、福袋の虜になるようです。

さまざまなお店で用意される福袋の中でも、スターバックスの福袋は人気が高く、毎年多くの人が開店前から福袋を求めて並びます。

2016年の福袋には、どのような品物が入っているでしょうか?

気になる中身を予想してみました。

スポンサーリンク

福袋は2種類!入っている確率が高い品は?

starbucks

スターバックスでは、福袋を2種類用意しています。

3500円と5000円です。

いずれも布製のバッグなのが特徴。素材は、年によって異なりますが、デザインは例年シンプルかつお洒落。

セカンドバッグとして普段使いにできる品です。

ちなみに、2015年はキルト製でした。

色は、3500円がキャメル、5000円がネイビー。

どちらの福袋にも、必ずと言って良い確率で入っているのは、コーヒー豆(ハウスブレンド)1袋、ボトル、ビバレッジカードです。

ボトルは、3500円の福袋ではだいたいステンレスボトルですが、5000円の福袋ではステンレス製とガラス製の2通りが用意されていたようです。

ドリンクと引き換えができるビバレッジカードは、最低でも1枚は入っているようです。

上限は、2015年の情報によると、4枚だったようです。

福袋の種類によってビバレッジカードの枚数が決められていたわけではないようで、3500円の福袋でも2枚入っていたものもあれば、5000円の福袋でも2枚だったものがあったようです。

ビバレッジカードには有効期限があり、2015年は、元日から5月31日までを有効とするカードでした。

スポンサーリンク

▶︎正月に食べる雑煮!地域での違いはどれだけある?関西と関東の違いは?

他にはどんなものが入っていそうか?

starbucks

コーヒー豆は、ロースト加減を変えて2袋入っていることも少なくないようです。

3500円の福袋では、コーヒー豆2袋とステンレスボトル、ビバレッジカードという組み合わせが多く、他にはバッグハンガーが入っていることもあったようですが、あまり大きな内容の変更は見られなかったようです。

5000円の福袋になると、内容も多彩。よく入っていたのは、コーヒードリッパー、スタッキングペアマグカップ、マグカップ用の蓋。

コーヒー生活をスタートさせようという人にもってこいの組み合わせです。

アイスコーヒーやコーヒーフィルター、ロゴ入りコースターなどが入っていることもあったようです。

▶︎2015年にブレイクした男性タレントランキングベスト5!

スタバの福袋は予約は無し⁉︎

福袋の予約ができるお店も少なくありませんが、スターバックスについては、今まで予約受け付けをしたことがなく、2016年の福袋についても予約情報は入ってきていません。

オンライン販売も無し、店頭販売で2016年も行くようです。

初売り開始後、店舗によっては10分ほどで完売したところもあるスターバックスの福袋。

開店前からたくさんの人が並ぶ店舗も多く、店舗によっては整理券を配ることもあるそうです。

3500円の福袋の中身を試算したところ、7800円相当の品物が入っていたとの情報もあります。

コーヒー好きにとっては魅力の福袋。

入手するには、開店前に並ぶのが確実なようです。

▶︎2015年に流行ったものランキングベスト5!1位はドローンか!?


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存