正月に食べる雑煮!地域での違いはどれだけある?関西と関東の違いは?

お正月に並ぶ料理はどれをとっても美味。

中でも、お雑煮は外せない一品ですよね。

お正月に雑煮を食べなければ、テンションが上がらないといっていいほどです。

スポンサーリンク

関西と関東のお雑煮について

zouni

お雑煮はこれからの一年間を無事に過ごせるようにと願いを込めた食べ物。

冬の寒さで凍えた身体を温かくしてくれる、優しくてどこか懐かしい味がします。

それもそのはず、古くは室町時代から始まったとされるお雑煮文化。

日本人にはなくてはならないお正月の主役ですね。その昔は、武士の宴会で一番最初に雑煮がふるまわれていたのだそう。

お雑煮を食べなければ宴会は始まらないとされるほど、縁起の良い「ハレ」の食べ物とされていたようです。

それほど縁起の良い食べ物ですが、地域によってさまざまで、澄まし汁仕立て、しょうゆ仕立て、白みそ仕立て、赤みそ仕立てなどがあり、具材もが様々。

雑煮に入れるお餅も角餅だったり、丸餅だったりとバリエーションが豊かで千差万別です。

特に関西と関東では線引きできるほど違いがあります。大まかに分けると

関西のお雑煮

基本みそ仕立て。丸餅を使う(赤みそや白みそ。「円満の」意味を持つ丸餅は焼かない)

関東のお雑煮

澄まし汁仕立てで角餅を使う(昆布だしやカツオだし。角餅は焼いて入れる)

といったところでしょうか。

「具」については地域の特産物が入れられており、海が近いところではエビやイクラ、ハマグリ、牡蛎やハゼなどの海の幸を。

山間部だとサトイモや根菜、ワラビなどの山の幸といった感じです。

スポンサーリンク

▶︎大晦日に食べる年越しそばの意味や由来は?子供に聞かれても回答できるように!

他にもこんなお雑煮がある!?

面白いお雑煮もあります。

秋田のきりたんぽを入れたお雑煮や、岩手県の甘いクルミたれにお餅を付けて食べるお雑煮、九州地方のお澄ましに近いお雑煮。

香川県の白みそ仕立ての汁にあんこの入ったお餅を入れたお雑煮!変わってますよね。

でも、一度食べてみたいという気持ちにさせられますよね。

馴染み深いお雑煮を食べるのもいいですが、たまには別の地域のお雑煮に挑戦してみるのもいいかもしれません。

きっとどのお雑煮も美味しいはずですよ。

▶︎お正月に食べるおせちの意味や由来は?子供にもわかりやすく解説!


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存