紅葉列車の旅!車窓から見る絶景のポイントベスト5!

木枯らしが吹く季節になりました。

朝晩の冷え込みで紅葉の色づきが始まった地域もあるようです。

『土曜スペシャル』で人気がある紅葉列車の旅。

日本各地に走る鉄道に乗りながら、車窓に広がる絶景を楽しむ小旅行。

秋の深まりを感じられる紅葉列車の旅。行ってみたい路線をご紹介します。

スポンサーリンク

第5位 箱根登山鉄道

hakone

デートの定番スポットとしても観光客が多い箱根登山鉄道。

箱根湯本や強羅を走ります。

渓谷美も楽しめる出山鉄橋からの眺めは人気のスポット。

湯本の早川沿いは、ウオーキングコースとしても楽しめます。

見頃は、例年、12月上旬。

第4位 只見線

tadamisen

新潟県の小出駅と福島県の会津若松駅を結ぶ鉄道路線です。

橋梁の左右に赤や黄色に色づいた木々が迫り、杉木立がその中に点在して、実に見事です。

雑誌のローカル線の車窓から見る紅葉日本一に輝いたこともあります。

第3位 飯田線

iidasen

名古屋駅から豊橋駅を経て、伊那路に向かう飯田線。

例年、10月下旬になると、路線の木々はオレンジ色に変わり始めます。

10月末と11月の中旬には、豊橋駅から秘境6駅を巡って天竜峡駅へ行く急行「飯田線秘境駅号」が運行されます。

豊橋駅構内では、「飯田線秘境駅オリジナル弁当」(1000円)を販売。

車窓から絶景を眺めながら、駅弁を食べるというのも、くつろげます。

スポンサーリンク

▶︎デートで行きたい東京の紅葉ランキングベスト5!

第2位 嵯峨野観光鉄道

sogane

嵐山や保津峡といった京都の定番観光スポットを走ります。

嵐山というと、竹林で有名ですが、嵯峨野観光鉄道の沿線には、燃えるような赤い紅葉が点在します。

渡月橋のかかる桂川上流に位置する保津川渓谷は、雄大な景色。トロッコ列車に乗ってゆっくり進むと、大自然を満喫できます。

見頃は、例年、11月中旬。

また、嵯峨野観光鉄道には、日本でも珍しい女性のディーゼル機関車運転士がいます。

第1位 黒部峡谷鉄道

富山県を代表する観光スポット黒部峡谷。

深いV字峡谷をトロッコ列車が走ります。

10月下旬から見頃に入ります。

ハイシーズンには混雑するため、予約をした方が良いでしょう。

また、黒部川は、水のきれいな川としても知られており、黒部川扇状地扇端部の湧水地帯の地下水は、「全国名水百選」にも選ばれています。

▶︎軽井沢でオススメの紅葉穴場スポットベスト3!見所の時期について!


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存