冬の室内の防寒対策!部屋を暖かくする3つのオススメの方法!

寒くなるにつれて、朝の冷え込みで寝起きが悪く、辛い毎日を過ごされている方も多いと思います。

部屋が寒いと布団からなかなか出れないですよね。

部屋を防寒対策する事で、寒さが和らぎ、何も対策しないより快適に過ごすことが出来ると言われています。

では部屋の防寒対策はどのようなものが有るのでしょうか?

スポンサーリンク


冬の寒い室内を暖かくする3つのポイント!

home

部屋を寒くする原因その1 窓対策

まず防寒対策として注目したい箇所は「窓ガラス」です。

窓ガラスは寒い外気が入り込む場所なので防寒対策は無過ごせない重要な場所になります。

対策法としては、断熱シートを直接貼ってしまう方法が有ります。

冷気も遮断出来るし、結露予防にも繋がりますので、防寒対策としては効果的な方法です。

その他の対処法として、板などのボードで冷気を遮断してしまう方法です。

雨戸のような感覚で寒くなる時間帯になったら、窓際にボードを立てかけて置くだけでも冷気の遮断効果は高いです。

手軽なので個人的にはお勧めです。

もちろん、カーテンなども冷気を防ぐ有効なアイテムです。床につくくらいの長いカーテンを使用すると外気を防ぐ効果が高くなります。

スポンサーリンク

部屋を寒くする原因その2 床

床の対策も防寒対策にはかなり有効です。

厚めのマットを引きつめることや、断熱シートを敷いた上にカーペットを敷くなどの対処をする事で、床下からの冷気を遮断できます。

▶︎冬といえば何を連想する?冬の行事ランキングベスト5!

部屋を寒くする原因その3 隙間風

ドアや窓の隙間風は非常に冷気が入り込むので、きちんと塞ぎましょう。

エアパッキンなど、すきまを埋めるテープや、サッシの枠に貼る断熱テープも売っていますので、その様なものを活用しましょう。

▶︎冬の結露!結露を発生させる5つの原因と結露対策7つの工夫!

冬の本番になる前に備えておきましょう

実際に寒くなってしまったら、防寒対策も寒さで体が動かずに辛くなる場合もあります。

気温が下がり切らないうちにしっかりと防寒対策をして、冬本番に備えておきましょう。

▶︎冬に食べたいオススメの鍋ランキングベスト5


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存