マイナンバー制度とは?簡単にわかりやすく説明・解説してみた!

マイナンバーを通知する文書の郵送が始まりました。

いよいよ始動したマイナンバー制度。

制度導入に際して、政府の説明が十分だったと感じた人は、少ないのではないでしょうか?疑問も不安もいっぱいのこの制度。

今さら聞けないマイナンバー制度の基本をまとめてみました。

スポンサーリンク

行政の説明では

maynamber

行政の説明によると、マイナンバー制度を導入するメリットは、次の3つ。

1.公平・公正な社会の実現。

所得や行政サービスの受給状況が把握しやすくなることで、不正な行政サービスの受給や脱税を防止できるとしています。

2.行政の効率化。

現在は、管轄省庁ごとに個人情報を管理しているため、行政機関や地方公共団体でさまざまな情報の照合、転記、入力が頻繁に行われています。

そのような作業に要する時間や労力が、大幅に削減されます。

複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が減ることが期待されています。

3.国民の利便性の向上。

行政手続きが簡素化され、従来添付していた書類が減ります。

また、行政機関からさまざまなサービスのお知らせを受けやすくなると、期待されています。

▶︎東京五輪!オリンピックエンブレムの再公募方法!資格は必要か?

どのようなケースでマイナンバーは必要になるのか?

maynamber2

マイナンバーは、国とのさまざまな手続きを簡略にするために、国民一人一人に割り振られた12桁の番号です。

マイナンバーを使うのは、社会保障、税、災害対策に限定されています。

年金・雇用保険・医療保険などの手続き、生活保護や児童手当などの福祉の給付の手続き、確定申告などの税の手続きで、マイナンバーが必要とされます。

利用者ごとに、マイナンバーが必要となる主な場面をあげてみましょう。

学生では、アルバイトの勤務先、奨学金の申請時に必要になります。

主婦では、パートやアルバイトの勤務先、児童手当の申請時、子供の予防接種の時などに使います。

会社の従業員では、源泉徴収票を作成してもらう時、健康保険や雇用保険、年金などの手続きが必要な時に、マイナンバーを使います。

高齢者では、年金給付の手続きをしたり、福祉や介護の制度を利用する時に使います。

スポンサーリンク

▶︎退職した会社への送別会のお返しはどんな物を送った方が良いのか?

マイナンバーを扱う上で知っておきたい3つのこと

mynumber

1.原則として番号は変更できない。

番号が変更できるのは、番号が漏洩し、不正に使われる恐れがある場合に限定されています。

2.むやみに利用できないことになっている。

番号法に利用範囲は規定されています。

マイナンバーが利用できるのは、社会保障、税、災害対策に関する事務に限られています。

3.漏洩した者は、罰せられる。

マイナンバーが流出すると、すでに流出している情報と組み合わせて、完全に個人を特定する情報を得ることもできてしまいます。

そのため、他人のマイナンバーを漏らすことは、重大な罪になります。

自分や第三者の利益のために、他人のマイナンバーを盗んだり引き出したりした者は、3年以下の懲役、または150万円以下の罰金。

個人番号関係事務などに従事していたり従事している者が、正当な理由なく、業務で取り扱うマイナンバーを漏洩した場合は、4年以下の懲役、または200万円以下の罰金です。

▶︎文化の日の由来とは?意味を分かりやすく子どもに伝える方法!


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存