お正月に食べるおせちの意味や由来は?子供にもわかりやすく解説!

最近は変わり種が続々と出ているおせち料理。

年末にスーパーやデパートに注文する人も多いようです。

年末になると、おせち料理を一品ずつスーパーで売ることも少なくありません。

買い整えながら、言われも確認しましょう。

子供にわかりやすく説明すれば、お正月の食卓を家族の絆を深めるものにできますよ。

スポンサーリンク

祝い肴三種

osechi

祝い肴は、関東と関西で微妙に異なります。

関東では、黒豆、数の子、田作り。

関西では、黒豆、数の子、たたきごぼうです。

黒豆は、健康で働けることを祈る食べ物です。

「まめ」は、丈夫とか健康を意味する言葉と掛けています。

豆の中でも黒豆を使うのは、黒が道教で魔除けの色とされているからと言われています。

数の子は、ニシンの卵です。

ニシン(二親)から多くの子供が出るので、子宝に恵まれ、子孫が繁栄するとされるめでたい食べ物です。

田作りとは、五穀豊穣を願い、小魚を田畑に肥料として蒔いたことから名付けられました。

片口鰯の小魚が用いられます。小さくても尾頭付ということも、縁起が良いとされています。

ごぼうは、細く長く地中にしっかりと根を張ることから、家がその土地にしっかりと根を張っていくようにとの願いから縁起が良いとされる食材です。

たたきごぼうは、やわらかく煮たごぼうを叩き、身を開くことから、開運の縁起をかついで食べられます。

スポンサーリンク

▶︎お年玉の相場!孫・甥・姪・赤ちゃん・幼稚園児でどれだけちがうのか?

口取り等

osechi2

口取りとしてよく用意されるのが、紅白のかまぼこ、栗きんとん、昆布巻きです。

かまぼこは、日の出を象徴するとされています。元旦には欠かせない食べ物です。紅はめでたさと慶びを表し、白は神聖を表すとされています。

栗は、山の幸の代表格で、「勝ち栗」として古くから縁起が良い食べ物とされてきました。

栗きんとんは、黄金色に輝く財宝にたとえ、豊かな年を願う料理とされています。

昆布は、「よろこぶ」という言葉に掛け、正月の鏡飾りにも用いられる一家発展の縁起物です。

口取りの昆布巻き以外にも、煮しめの結び昆布がおせち料理に用意されます。

焼き物では、海老がよく用いられます。

海老は、長いひげを生やし、腰が曲がっているので、海老のように長いひげが生え、腰が曲がるまで長生きすることを祈って、おせち料理に使われます。

おせち料理には、小海老を串でとめた鬼殻焼きがよく用いられます。

おせち料理は、重箱に詰められますが、めでたいことが重なるようにとの願いから重箱が用いられます。

基本は四段重、正式には五段重です。

重箱に詰めるようになったのは、明治時代以降と言われています。

▶︎大晦日に食べる年越しそばの意味や由来は?子供に聞かれても回答できるように!


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存