ディズニーランド元旦の営業時間は?元旦は混雑しているのか?

夢の国、東京ディズニーランド。

ディズニーファンなら、年明けはディズニーランドで迎えたいと思うのではないでしょうか?

今年もそろそろ年越しの予定を立てる頃になりました。元旦のディズニーランドの営業時間や混雑状況は、どうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

26時間営業の頃は大変だったが

disney

以前は、12月31日の午後8時から1月1日の午後10時まで26時間営業でした。

その頃の1月1日は、大変な混雑ぶり。カウントダウンした人たちは、新年を迎えると、仮眠場所を探してごった返しました。

戸外は氷点下の冷え込み。

暖がとれる場所は、どこも混雑を極めました。

レストランは満員。

席が埋まるだけでなく、床にも人が溢れ、歩けないほど。

ディズニーシーでは、マーメードラグーンの通路に人が殺到し、通るのが難しいほどの混雑ぶりでした。

リゾートラインで寝ている人も多数いたものです。

仮眠をとる人、夜通し遊ぶ人。

新年になって新たに遊びに来た人が加わり、26時間営業の頃、1月1日のディズニーランドは、人でごった返していました。

▶︎ディズニーの2015年のハロウィン仮装期間と混雑時期について!

特別営業時間の後に一旦閉園

desney3

現在は、26時間営業ではありません。

年越しは、「ニューイヤーズ・イブ」として特別営業時間が設定されています。

12月31日午後8時から1月1日の午前7時までです。

ディズニーランドもディズニーシーも同じです。

華やかなショーが繰り広げられ、年越しの瞬間には花火が打ち上げられます。

パレードの待ち時間には、年越しそばをすするのもオツ。

期間限定の蕎麦は、上質な味と好評です。

年を越したら、お雑煮もあります。

いずれもお値段はワンコイン程度。

年越しを済ませると、アトラクションを楽しむ人、お土産を買う人で、パーク内は混雑します。

お土産を買う場合は、年越しイベントが始まる前に購入した方が無難でしょう。

ニューイヤーズ・イブは、通常のパスポートでは入園できません。

専用のパスポートが必要です。

ニューイヤーズ・イブのパスポートは9000円です。

1月1日は、午前7時に一度閉園します。

開園するのは午前9時。

駐車場などで仮眠をとった後に再びパークで遊ぶには、今度は通常のパスポートが必要になります。

スポンサーリンク

▶︎クリスマスのディズニーランドに限定のグッズやポップコーンはどんなものがあるのか?

元旦のディズニーランドの混み具合は通常の土日並み

disney2

1月1日の営業時間は、午前9時から午後10時まで。

元旦から通常通りに営業しています。

かなりコアなディズニーファンは、ニューイヤーズ・イブの時間が終了すると帰宅するようで、1月1日のディズニーランドは、現在はまずまずの混み具合です。

元旦に入場制限が起きてしまうほどの混雑になることはないとされています。

人気アトラクションの待ち時間は90分~150分。

普段の土日並みと言えます。

ただし、1日から5日までは、お正月の特別プログラムが組まれますので、多少の混雑は視野に入れておいた方が無難です。

▶︎年末年始を東京ディズニーランドで過ごしたい!空室のホテルはまだある?


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存