お年玉の相場!孫・甥・姪・赤ちゃん・幼稚園児でどれだけちがうのか?

otoshidama

お正月。それはお年玉をあげる日でもあります。

お金が絡む行事なので、悩む方も多いはずです。

お年玉をあげなければいけない相手に対して、いくらあげたら良いのかと考えものでしょう。

このような場合、年齢ごとの相場が分かっているとあげやすいと思います。

では年齢ごとにいくらが相場になっているのでしょうか?検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

0~2歳の場合

この年齢になると気持ち程度のもので良いとされています。

実際にこの年齢ではお年玉を貰った感覚さえない年齢です(笑)

おままごとのような感覚であげるくらいの気持ちで良いでしょう。

相場は「1000円」となっています。

個人的には「500円」でも良いかと思ってしまいます。

3~5歳の場合

幼稚園、保育園の年齢ですし、ちょっとしたお菓子や安めのおもちゃなどが買える金額で良いでしょう。

相場は「2000円」となっています。

「1000円」でも良いと個人的には思いますが、「1000円」だと、たまにあげるお小遣いの金額になってしまうので、めでたい正月ということもあり、日頃のお小遣いと差別化するために倍の「2000円」でという考え方も多いようです。

6歳~11歳の場合

小学生の段階になりますが、この時期は「3000円」が相場になっていますが、6年生にあたる場合は、もうじき中学生と言うこともあり、欲しい物も高額になってきたりしますので、「5000円」くらいをあげる方も多いです。

スポンサーリンク

▶︎全国初詣ランキングベスト5!

10歳~17歳の場合

中学生、高校生になると「5000円」が相場になります。

お年玉をあげる人の大体が「5000円」以上がほとんどなので、それ以下はちょっと少ないと思う年齢かもしれません。

ゲームソフトなど、この時期の年頃は5000円くらいの金額を欲しがるので、相場の「5000円」を入れておけば、喜ぶでしょう。

18歳以上の場合

大学生、社会人などへのお年玉の相場は「10000円」です。

この年齢になるとあげるほうも悲鳴をあげてしまうような金額です。

個人的には社会人で稼ぎが有るならば「5000円」くらいでも良い気がしますが、相手の年齢も考えてキリの良い「10000円」が間違いないだろうという人が多いのでしょう。

無理の無い程度で検討しましょう

上記の金額はあくまでも相場です。立場や金銭的な負担状況によっては、相場に合わせなくても個人的には良いと思います。

大きな金額をあげたらあげたで相手にとっては当たり前の金額になり、来年以降下がってしまうとガッカリします。

ですので毎年あげられる無理の無い金額で設定しましょう。

▶︎年末年始を東京ディズニーランドで過ごしたい!空室のホテルはまだある?


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存