文化の日の由来とは?意味を分かりやすく子どもに伝える方法!

11月3日は「文化の日」。

祝日の中で唯一抽象的な言葉が使われている日が文化の日。

「文化の日って何?」と子どもに尋ねられた時、すぐに説明できますか?11月3日にはどのようなことがあったのかを理解し、祝日の由来を分かりやすく子どもに説明してあげましょう。

スポンサーリンク

11月3日は日本国憲法公布の日

japan

11月3日は、1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日です。

公布とは、国会で制定された法律の内容を一般市民の知りうる状態にすることです。

法律は、国会で制定した後、公布し、公布から半年後に実際の効力を持って適用されるようになります。

適用されるようになることを「施行」と言います。

11月3日の半年後というと、5月3日。

5月3日は、憲法記念日です。

日本国憲法は、1946年11月3日に公布され、半年後の1947年5月3日に施行されました。

施行された日が、「憲法記念日」として祝日になっています。

日本国憲法が公布された日を憲法記念日とするか、施行された日を憲法記念日とするかについては、当時の国会とGHQ(連合国総司令部)との間に難しい攻防があったとも言われています。

当時の参議院は、公布日の11月3日を憲法記念日とすることを強調していました。

しかし、当時の日本に強い影響力を持っていたGHQ側は、11月3日だけは絶対にダメだと主張。

衆議院が5月3日の施行日を憲法記念日とすることに同意してしまい、参議院が孤立する事態になりました。

その時、突然GHQ側から持ち出されたのが、「憲法記念日という名でない記念日とするなら、何という名が良いか」という話でした。

そうしたいきさつで決まったのが、「文化の日」です。

11月3日を祝日として制定するために中心的な役割を担った山本勇造は、政界引退後に当時のことを回顧して「文化の日ができるまで」という文章を残しています。

山本によれば、もともと、憲法公布は11月1日の予定でした。

しかし、11月1日の半年後は、5月1日。

施行日がメーデーと重なるという理由で、直前に11月3日に変更されたと言います。

スポンサーリンク

▶︎11月の沖縄旅行!海水浴が出来る気温になるのはいつ頃から?

2015年、文化の日制定時に思いをはせては?

bunkanohi

紆余曲折を経た憲法公布日と「文化の日」制定。

第二次大戦後の日本の再出発の苦悩が凝縮されています。

GHQ側がなぜ11月3日を憲法記念日としてはいけないと主張したのか。

「文化の日ができるまで」には一切記述がありません。

それだけ政治的にデリケートな問題だったのでしょう。

新生日本の基盤と位置づけられた日本国憲法。

日本国憲法が重視しているのが、自由と平和。

自由と平和を守って国が繁栄した時、日本の文化が進むとの願いがこめられたのが、「文化の日」という命名だったのではないでしょうか。

国民の祝日に関する法律によれば、「文化の日」の趣旨は、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」こととされています。

2015年は、日本国憲法が多くの人によって語られる年になりました。

制定に深く関わる祝日が「文化の日」です。

ネーミングから、すぐに日本国憲法との関係を思い浮かべる人はいないでしょう。

名前から「憲法」があえて消された祝日。

祝日制定当時の歴史にもう一度思いをはせるのも良いかもしれません。

▶︎11月といえばランキング!11月の風物詩ベスト5!


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存