冬の旅行子供も楽しめるオススメの国内旅行ベスト3!

年末年始に家族で日本の冬を満喫しませんか?子供連れで楽しむなら、雪遊びは欠かせません。

思い切り戸外で雪遊びをして、ゆっくり体を休めることができる観光地を3箇所ご紹介します。

スポンサーリンク

第3位 群馬県の水上高原

minakami

首都圏から遠くないところで雪遊びが満喫できる所と言ったら、水上高原。

東京駅から新幹線と送迎バスで2時間15分というアクセスの良さ。

「水上高原ホテル200」では、子供たちが雪遊びできるキッズパークが2つあります。

いずれも2015年にリニューアルオープンしたパークです。

どちらのエリアでも沢山のポケモンに会えます。

小さなお子さんがいるご家庭なら、子供が喜ぶこと請け合いです。

1~5歳の幼児専用エリア「ピカチュウ・キンダーガーデン」には、暖房付き休憩室やトイレも付いているので、雪遊びデビューの子供でも心配は要りません。

もう一つのギッズパーク「ポケモン・スノーパレット」は、4歳からファミリーで楽しめるエリアです。

ソリやスノーチュービングは、大人も一緒に楽しめます。

ゲレンデは、ファミリーも多く、初心者でも安心して滑れるコースがあります。

また、3歳から受けられるスキースクールもあり、レッスンを終えると、一緒にリフトに乗って初級コースが滑れるようになります。

大人だけで十分に滑りたい、子供が疲れてきたという時などに利用できる託児所もあります。

ギッズクラブ「Skip」。

6ヵ月から6歳までの子供を預かってくれます。

雪遊びで疲れたら、夜は雪見温泉でくつろぎましょう。

越後の山々を露天風呂からゆったり眺められる「美肌の湯」なら、とろりとした湯が体を温め、芯からぬくもります。

▶︎冬に食べたいオススメの鍋ランキングベスト5

第2位 秋田県の水晶山スキー場

ski

しっとりとした日本の冬の雰囲気を味わうなら、やはり東北。

きりたんぽ発祥の地としても有名な秋田県鹿角地域には、ファミリーで楽しめる水晶山スキー場があります。

JR花輪線鹿角花輪駅からタクシーで約10分。

レンタカーでの雪道運転が不安な人も安心して行けるスキー場です。

スキー用具のレンタルもあるので、手ぶらでも大丈夫です。

ゲレンデは、初級者から中級者向きのコースが中心。

スノーモービルがゴムボートをけん引するスノー・ラフトも走っており、子供たちに大人気です。

夜は、開湯800年と言われる大湯温泉郷でくつろぎましょう。

家庭的なもてなしで選ぶなら、全14室の「宿 花海館」がオススメ。

100%源泉かけ流しのお湯は、良質な弱アルカリ性の飲める温泉。

家族風呂もあるので、子供連れでも気兼ねありません。

スポンサーリンク

第1位 北海道のアルファリゾート・トマム

tomato

冬を満喫できる国内旅行と言ったら、なんと言っても北海道。

新千歳空港から車で約2時間10分、さまざまなスノーアクティビティが用意された施設、「アルファリゾート・トマム」があります。

スキーデビューという子供でも大丈夫。

家族1組につき、2名のインタトラクターが付いてレッスンしてくれます。

すでに多少滑れる大人と初心者の子供は、最初別々のレッスンを受け、子供がある程度滑れるようになったところで合流します。

インストラクターがサポートしてくれるので、親子で景色を楽しみながら滑ったり、子供の様子をカメラやビデオにおさめる余裕もあります。

子供連れの旅行で欲しいサービスの一つが託児所。

家族それぞれが思い思いの時間を過ごすのに、ありがたいサービスが託児所です。

トマムには託児所も完備されています。

0歳から6歳までの子供を15分から預かってもらうことができます。

お天気が崩れてきても大丈夫。日本最大のインドア造波プール「VIZスパハウス」があります。

プール内では無料のギッズアクティビティも実施されており、元気な子供が存分に遊べるようになっています。

遊び疲れたら、「ガレリア・タワースイートホテル」でくつろぎましょう。

全室にサウナと大きなジャグジーが装備された人気ホテルです。

1フロアに4室という贅沢な造り。

赤ちゃん連れ専用のスイートもあり、若いママへのご褒美としても人気が出ています。

▶︎冬といえば何を連想する?冬の行事ランキングベスト5!


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存