養老渓谷!紅葉のおすすめ時期とコースのまとめ

千葉県の真ん中、市原市と大多喜町にまたがる養老渓谷。

都心から日帰りで行けるアクセスの良さもあり、毎年多くの紅葉狩りの観光客が訪れます。

温暖な気候の房総。

都心よりも紅葉の色づきは少々遅く、見頃は11月下旬から12月上旬まで。

ハイキングコースが整備されているのも魅力です。

家族や友人と自然を満喫する秋の1日を過ごしませんか?

スポンサーリンク

気軽に歩ける1時間!滝巡りコースなら約4キロ!

yourou

粟又の滝からスタートし、粟又の滝に戻ってくるコースです。

途中、小沢又の滝、水月寺、粟又の滝展望台を通ります。

見所は、粟又の滝。

房総一を誇る名瀑布です。

長さ100メートルにわたって緩やかに岩肌を流れ落ちる滑り台のような滝です。

粟又の滝から下流の水月寺までは、約2キロにわたって遊歩道が整備されています。

滝の傍を歩けるというのは、極めて珍しい体験。

爽やかな水音と小鳥のさえずりに癒されます。

川面に映える紅葉が秋の深まりを感じさせてくれます。

小沢又の滝は、別名、幻の滝とも呼ばれています。

赤や黄色に色づいた木々が常緑の杉木立に混じり、息を飲む美しさです。

この滝がある場所は、実は私有地。

所有者が独自に整備を行って現在の姿を維持しています。

一の滝から五の滝まであります。

山を登りながら、一つずつ違う表情の滝を眺められます。

初心者でも十分にハイキングを楽しめる滝巡りコース。

最寄り駅は上総中野駅です。

粟又の滝までは、車かバスを利用しましょう。

バスの本数が少ないので、注意してください。

スポンサーリンク

▶︎鎌倉で紅葉の見ごろ時期は?長谷寺のライトアップは必見

中級・上級コースの見所とお楽しみ地点

yourou

養老渓谷には、滝巡りコースの他に2つのハイキングコースがあります。

いずれも養老渓谷駅を起点・終点とするコースです。

それぞれのコースの見所とお楽しみ地点をご紹介します。

全長約7.4キロ、約2時間のバンガロー村・弘文洞跡コース。

見所は弘文洞跡です。

弘文帝と十市姫にゆかりの深い高塚や筒森神社の傍を流れ、本流に注ぐ合流点にあることから、「弘文洞」と命名されたと言われています。

江戸時代にトンネルが作られましたが、1979年に崩落し、独特の光景を生み出しています。

奥養老バンガロー村では、バーベキューを楽しむことができます。

キャンプに欠かせない設備が充実しているので、渓谷の中で普段と違う食事を楽しむのも良いですね。

中央広場では、キャンプファイヤーも楽しめます。

宿泊もできるので、時間があるようなら、1泊するのもオススメです。

問い合わせは、奥養老バンガロー村、電話0436-96-0140です。

脚力に自信のある方にオススメなのが、大福山・梅ヶ瀬コース。全長約9.6キロ、約3.5時間のコースです。

このコースには、地元の人しか知らなかった紅葉スポットが含まれています。

筒森もみじ谷です。

国道465号筒森地先から細い道路を1キロほど入ったところです。

道の両脇が真紅に染まっています。

普通車のすれ違いも難しい細い道ですので、注意して歩きましょう。

このコースでは、露天風呂が楽しめます。

けんこう村ごりやくの湯です。

野趣溢れる露天風呂からは、美しい山々が見渡せます。

ごりやくの湯というだけあって、リュウマチ、腰痛、肩痛、冷え性に効きます。

料金は、大人1050円、小学生650円、3歳以上500円です。

食事処や休憩所もあります。

営業時間は10:00~20:00。

問い合わせは、けんこう村ごりやくの湯、電話0470-85-0056です。

▶︎北海道大雪山の紅葉の見頃時期やオススメの観光スポットは?


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存