ハロウィンのトリックオアトリートの意味や由来は?

毎年、10月31日に小さな子供たちが「とりっく、おあ、とりーと!」と可愛らしく言いながら近所を歩いている光景を、最近よく目にするようになりました。

ハロウィンのお祭りですね。

最近は、ハロウィンで使う装飾など取り扱うお店も増えてきました。

それに伴い、日本でもハロウィンは10月の行事として定着しつつあるようです。

さて、この「ハロウィン」というあまり馴染みのないお祭りについて、詳しく知っている人はあまりいないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ハロウィンの歴史について

Multi-ethnic children dressed in Halloween costumes

まず、ハロウィンとはどこの国のお祭りだと思いますか?多くの人がアメリカ!と答えるでしょう。

でも違うんです。

古代ケルト人(今でいうヨーロッパ)が起源のお祭りです。

もともとは、収穫祭を祝うものだったのと同時に、死者の霊が家族を訪ねてくるのと一緒に悪い精霊や魔女から身を守るために、仮面を被り魔よけの焚火をしていたんです。

日本でいうと収穫祭は十五夜、焚火はお盆の迎え火に似ていますね。

話はそれましたが、では何故、「トリックオアトリート」と言いながら子供たちがお菓子をねだりに行くのでしょうか?

スポンサーリンク

▶︎ハロウィンに子供と観たいオススメの映画ベスト5

「おかしをくれなきゃイタズラするぞ!」というように解釈している人が多いですが、本当は「「いたずらされるか、もてなすかどっちを選ぶ?」という意味です。

子供たちは、「souling(ソウリング)」という由来に沿って、全ての死者の魂のために「ソウルケーキ」という魂のこもった干しブドウ入りのケーキを乞いに家から家へ渡り歩くんです。

さまよえる死者のために、健気に頑張る子供たち!感心します!何も知らずにお菓子をねだりに行くのではなく、ちゃんと意味があるということを大人は教えてあげてくださいね。

今年のハロウィンももうすぐです。

子供たちと心のこもったケーキ作りに挑戦してみたり、仮装してみたりして、思いっきりハロウィンを楽しんでみてはいかがでしょうか?

文化が違えど、敬虔な心でハロウィンを迎えたいですね!

▶︎ハロウィンの飾り付け!風船を使って可愛く簡単に飾り付ける方法!


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存