ボジョレーヌーボー2015年の解禁日は?賞味期限や美味しい飲み方は?

秋が深まってきた頃のイベントの一つが、ボジョレーヌーボー解禁という人は多いことでしょう。

ボジョレーヌーボーの総生産量のうち、約4分の1は、日本で消費されているということを、ご存知でしたか?普段、ワインをあまり飲まないという人、赤ワインはほとんど飲まないという人でも、ボジョレーヌーボーだけは飲むという人が多いようです。

今年の解禁日は?美味しい飲み方は?ボジョレーヌーボーを2倍楽しむお役立ち情報を集めてみました。

スポンサーリンク

解禁日が現行の日に決まったのは1984年

Rose wine

ボジョレーヌーボーの解禁日は、11月の第3木曜日の午前0時。

2015年は、11月19日です。第3木曜日になったのは、1984年以降。

最初は、11月11日でした。

ボジョレー地区で最も早いワインが出来上がるのが、だいたいこの頃だったため、サン・マルタンという聖人の日を解禁日にしたのが始まりです。

しかし、11月11日は、後に無名戦士の日に変更されます。

そこで、11月11日に最も近い別の聖人の日を縁起の良い日として選びました。

それが、11月15日のサン・タルベールの日でした。

ただし、11月15日が日曜日になってしまうこともあります。

フランスでは、日曜日は、ほとんどのワインショップやレストランが休みのため、解禁日が日曜日になってしまうのを避けようと、1984年にフランス政府がボジョレーヌーボー解禁日を11月の第3木曜日にしたそうです。

スポンサーリンク

▶︎秋の七草とは?覚え方おすきなふくは!由来や食べる時期はいつ?

ボジョレーヌーボーは軽いワイン

wine

ボジョレーヌーボーの「ボジョレー」は、ブドウの生産地、「ヌーボー」はフランス語で「新しい」という意味です。

ボジョレー地区でその年に収穫されたブドウを醸造した新酒がボジョレーヌーボーです。

原材料はガメイ種と言われるブドウ。

そのブドウの品質を見定めるために作られるのが、ボジョレーヌーボーだと言われています。

9月に収穫したブドウを早くワインにするため、ブドウをつぶさず、炭酸ガスの注入を行って発酵させます。

そのため、全体的に軽い感じに仕上がります。

香りが比較的弱いので、飲み口がすぼまった形のワイングラスで飲むようにしましょう。

大きい口のグラスだと香りが逃げて行きやすいからです。

おつまみには、白ワインに合うような、生ハム、サラミ、癖のないカマンベールやクリームチーズが合うようです。

また、和食との相性も良いので、気軽に楽しめます。

ボジョレーヌーボーは、熟成すると、鮮度が落ちて、味も落ちてしまいます。

封を開けなくても、年内には飲むようにしましょう。

ボトルは寝かして保存し、飲む前に12℃くらいにしておくと、ワインの風味が一番感じられます。

飲む1時間前に冷蔵庫に入れると良いでしょう。

封を開けたら、数日で飲みきるようにしてください。

▶︎栗の渋皮煮の美味しい作り方や食べ方はこちら!


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存