お月見団子の由来とは?美味しい月見団子を作るコツはアレだった!?

秋といえばお月見!お月見といえばぷっくりまるまるな月見団子ですよね。

綺麗に重ねられて三方(木の台)に乗せられたお月見団子は、真ん丸な美しいお月様に相まってとっても美味しそう。

そぉ~っとお団子に手を伸ばそうとすると、親に手をバシッと叩かれたりして…そんな子供のころの思い出ありませんか?

さて、お月見とはただ満月を見てお団子を食べる風習だと思っている人も多いのではないでしょうか?

そもそも由来は何なのか?調べてみました。

スポンサーリンク

お月見団子の由来と美味しい作り方

tsukimidango

お月見の由来ですが、中国からやってきたというのが一番有力な説です。

日本では平安時代の貴族たちが歌会とともに行っていましたが、時が経つにつれ庶民にもなじみ深い風習となりました。

特に庶民の間ではお月様を神とし、江戸時代頃から収穫祭と併せ、中秋の名月(十五夜)にお月見をするようになったと言われています。

現在では、旧暦の8月15日(9月中旬~10月上旬の間)にお月見をします。

お団子に気を取られがちですが、お月様に感謝してから頂きましょう。

それに秋の夜空に浮かぶ満月を見るって、とても優雅ですよね。

そういったところに風情を感じるようになれば、大人になった証拠かもしれません。

しかし、やっぱりお団子がなければお月見じゃない!地方によって月見団子の作り方は違いますが、ここではスタンダードな美味しい月見団子の作り方のコツを紹介したいと思います。

動画も参考にしてみてください!

▶︎話題のさつまいもダイエット!150gあたりのカロリーは?秋に食べ過ぎ注意!

本来ならば上新粉で作るものですが、白玉粉で作った方が保湿性もあり、柔らかいです。

次の日も美味しく頂きたいなら、いつもの作り方にひと手間加え、白玉粉に「豆腐」を一緒に練りこんでみてください。

少しづつ加えていき、耳たぶくらいの柔らかさになったらOKです。

とってもモチモチして美味しいです!よくこねることも大事ですよ。

茹で上がったら冷水にとって、冷めたらうちわであおいで「テカリ」を出しましょう。

美味しく見せるには見た目も肝心です!

できれば家族で月見団子を作り、月にまつわるお話などをして 楽しんでもらいたいです。

今年のお月見が待ち遠しいですね。

▶︎干し柿の白い粉はカビ?美味しい干し柿の作り方は?


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存