北海道大雪山の紅葉の見頃時期やオススメの観光スポットは?

平地ではまだまだ残暑が厳しい頃、北海道の大雪山では紅葉が見頃を迎えます。

日本で最も早く紅葉が楽しめる北海道の大雪山。

猛暑続きにうんざりして秋の訪れを待っている方、今年は大雪山で一足早い秋を満喫してみませんか?

スポンサーリンク

大雪山の紅葉の見頃は9月中旬前後

daisetuzan

代表的な紅葉の名所、大雪山。

大雪山は、日本で最も早く紅葉が楽しめる場所です。

大雪山は、石狩川と忠別川の上流に挟まれた山塊です。

そのため、木々が色づく時期は、多少異なりますが、だいたいの時期は、色づきだすのが8月下旬から、見頃は9月中旬から10月上旬にかけてです。

ロープウェイがある辺りでは、旭岳ロープウェイの姿見駅周辺がいち早く紅葉します。

姿見駅周辺では、8月下旬から紅葉が始まり、9月上旬から中旬にかけて見頃を迎えます。

同じく旭岳ロープウェイでも、山麓駅周辺は、少し見頃が遅くなります。

山麓駅周辺、見晴台、カモ沼ワサビ沼コースの紅葉は、9月下旬が見頃です。

9月中旬から下旬に見頃を迎える場所として人気が高いのは、裾合平周辺と御田の原周辺があげられます。

裾合平周辺では、熊ヶ岳や当麻岳などが、ウラジロナナカマドの紅葉で真っ赤に染まります。

御田の原周辺も、9月上旬からナナカマドが色づき始め、その後、ダケカンバが黄色く色づき、錦絵を織りなします。

スポンサーリンク

▶︎2015年京都の紅葉オススメの時期は?3名所の見頃を紹介!

トレッキングコースなら旭岳、登山なら黒岳と赤岳がオススメ

大雪山は、旭岳、北鎮岳、白雲岳、愛別岳、北海岳、黒岳、赤岳、緑岳からなる山の集合体です。

複数の紅葉のスポットがあり、それぞれに楽しみ方も異なります。

トレッキングをしながら紅葉を楽しみ、夜には温泉宿に泊まってくつろぎたいという方、登山をしつつ紅葉を愛でたいという方、二通りに分けて、お勧めスポットをご紹介します。

ロープウェイや温泉宿もある人気スポットは、旭岳。トレッキングコースも完備されています。

第一展望台→満月沼→第二展望台→第三展望台→すり鉢池→鏡池→第四展望台→姿見の池→第五展望台と回るコースに人気があります。

ゆっくり歩いても、約2時間。普段運動不足の方は、大自然の中、紅葉を鑑賞しながら心地よい汗を流すのも良いでしょう。

登山も楽しみたいという方には、黒岳、赤岳がお勧めです。

黒岳は北海道の紅葉の名所人気ランキング1位、赤岳は同ランキング3位に入っている人気上位スポットです。

日本で最も早い紅葉を楽しみながら登山をしようという方が、最近は増えているようです。

黒岳も赤岳も、登山用の山です。

登山の装備をして登ってください。黒岳は、7合目まではロープウェイとリフトがありますので、7合目から山頂までの登山を計画する方が多いようです。

ツアーもあります。赤岳は、山頂まで約3時間かかります。

登山経験者と登るのが良いでしょう。

登山に際しては、必ず防寒着を準備しましょう。

平地ではまだ残暑が厳しい9月でも、山は思いの外寒くなっています。

10月に入ると、年によっては積雪していることもあります。

紅葉は、寒さがやってきている証でもあるということを忘れないようにして、美しい紅葉を存分に楽しみましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存