秋の七草とは?覚え方おすきなふくは!由来や食べる時期はいつ?

梅雨明け宣言後、熱中症になりそうな暑い毎日が続いています。早く涼しい風が吹く季節にならないかなぁと思いますよね。

涼しい風が吹くようになったら、自転車を漕いで野原にサイクリングに出かけるのも楽しそうです。

そうした道の途中で可憐な花を見かけることも多いでしょう。

9月から10月になると、野原のあちこちに可愛らしい花を見かけるようになります。

秋の七草を見つけるのも楽しそうですね。

スポンサーリンク

秋の七草の覚え方おすきなふくは!

七草というわけですから、7種類の植物です。覚え方で最も有名なのは、「おすきなふくは」。「お好きな服は?」と覚えると、覚えやすいですね。

沖縄出身の方には、こちらをどうぞ。「おきなは(わ)すくふ(う)」。「沖縄救う」の旧仮名遣い表記になります。

どちらも、7種類の植物の頭文字をとったものです。

お→おみなえし、す→すすき、き→ききょう、な→なでしこ、ふ→ふじばかま、く→くず、は→はぎ

今では、あまり見かけない植物も混じっているかもしれません。この七草が知られるようになったのが奈良時代なので、その頃にはどこででも見かける植物だったのでしょう。

nanakusagayu

どういう植物?

おみなえし…日当たりの良い野原に自生していますが、最近は見かけることが少なくなってきました。根は、漢方の材料です。解毒効果があります。

すすき…お月見の時にお供えしますね。昔は、「茅(かや)」とも呼ばれました。茅葺屋根に使われています。

ききょう…夏から秋の始め頃までよく見られます。ただし、近年は園芸種が多くなりました。

なでしこ…日本女性の代名詞にもなっていますね。花をつける時期が長く、春頃から咲いています。日本固有種もあります。ヒメハマナデシコとシナノナデシコは、日本固有種です。「大和撫子」とも呼ばれるのは、カワラナデシコです。別名「常夏」。架空の平安貴族の一生を描いた『源氏物語』にも「常夏」という巻があります。

ふじばかま…今では準絶滅危惧種に指定されています。乾かすと、茎や葉が、桜餅の葉っぱのような良い香りを放ちます。

くず…根は葛根湯の材料になります。花からは甘い香りがします。繁殖力が強く、世界の侵略的外来種ワースト100に入っています。
はぎ…花は実に可憐。ただし、生命力は非常に強く、放牧地や山火事の跡地にも生えてきます。

▶︎成田山の紅葉の見頃や混雑は?ライトアップや渋滞・駐車場情報!

スポンサーリンク

由来は?食べるのか?

「七草」と言ったら、もともとは秋の七草を指していました。奈良時代初期の歌人山上憶良が詠んだ次の歌が、由来とされています。

秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 (万葉集、巻8、1537)

萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花 (万葉集、巻8、1538)

朝顔の花がどの花を指すかは諸説あります。今の朝顔とする説もありますが、最も有力なのは、桔梗とする説です。そこで、現在は、桔梗説に従って秋の七草に桔梗が入っています。

現在、「七草」として有名なのは、七草粥を作る春の七草。しかし、もともとは、春の七草は、「七種」と記されていました。「七種」も「ななくさ」と読むことから、「七草」と書かれるようになりました。

春の七草は、邪気払いという意味もあってお正月に食べられるようになりましたが、秋の七草も食べるのでしょうか?答えは「No」です。

秋の野の花が咲き乱れる野原を「花野(はなの)」と言い、花野を散策して歌を詠むことが古くから行われてきました。秋の七草は、観賞するためのものです。

芸術の秋。今年の秋には、秋の七草を探しながら短歌を詠んでみるというのも素敵ですね。紅葉狩りの前の初秋のひと時を秋の七草とともに過ごしてみてください。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存