東京湾花火大会穴場スポットベスト5!月島から見る花火が最高!

東京湾の夏の風物詩でもある海上花火大会。

70万人近い来場者が参加する夏の一大イベントになります。

特に目玉は「尺五寸玉」の花火!

都内の花火大会でも随一の大きさを誇る花火になります。

あの東京タワーよりも高く上空350mで綺麗に花開きます。

尺五寸玉10発を始めとし、20発の芸術玉を含む尺玉100発やスターマインなど様々な花火が楽しめます。

打ち上がる場所が東京湾ということもあり、展望台や船の上、高層ホテルといった場所からもご覧になれます。

スポンサーリンク

東京湾花火大会のスケジュール

開催日:2015年8月8日(土)
打ち上げ時間:18:50〜20:10

打ち上げ時間は変更になる可能性があります。

打ち上げ玉数は12,000発、来場者は68万にほどになります。

例年1〜6部の構成となります。

過去の例を見てみると、スタートは「グランドオープニング」と題しスターマインが行われ、盛大にスタート。
その後に「きらめきファンタジー」色とりどりの花火が打ち上がります。

そしてグランドフィナーレで鮮やかな花火が連続で打ち上がります。

最後は大輪の花が夜空を染めて終了。

会場は無料席の予定は、

・晴海主  約50,000人
・晴海第二 約30,000人

それぞれ入場整理券が必要になります。

・豊海運動公園会場 8,000人

こちらは満席になり次第終了

有料席

・晴海個人協賛席 約5,000人/1口7,000円
・日の出会場 約3,150人/1口7,000円
・豊洲第1会場 約4,000人/1口5,000円

これ以外に見れる穴場スポットはあるのでしょうか?

▶︎神奈川新聞花火大会の超穴場スポットベスト3!

スポンサーリンク

東京湾花火大会の穴場スポット5選

お台場ビーチ

odaiba

花火の下の部分は見ずらいですが、大型の花火でしたら問題なく見れます。

ビーチの近くということもあり、カップル人気高し!

ただし混雑が予想されるため4時くらいから場所取りをしたほうがいいです。

辰巳桜橋

tatsumisakura

少し離れてしまいますが、ゆっくりと観れる場所といえばこの辰巳桜橋です。

地元の人が多い穴場スポットになります。

最寄駅:有楽町線辰巳駅、京葉線潮見駅

有明スポーツセンター展望台

ariake

お台場の綺麗な景色と花火を見るならこの場所!
ベンチがあってゆうっくりと見ることができます。

近くに休憩室もあり。

最寄駅:ゆりかもめお台場海浜公園駅

ウエストパークブリッジ

west

フジテレビの隣にあるウエストパークブリッジ。
台場海浜公園とシンボルプロムナード公園をつないでいる場所になります。

自由の女神あたりは花火もよく見えるため混雑しますが、少し離れてみても十分に花火を楽しめます。

最寄駅:ゆりかもめ台場駅、りんかい線東京テレポート駅

品川埠頭

shinagawa

品川湾岸からお台場の夜景!

そしてレンボーブリッジ越しに見える花火!

一部立ち入り禁止になっていますが、比較的ゆったりと花火を楽しむことができます。

最寄駅:JR品川駅

東京湾という場所なので比較的見やすいです。

他にも1人30,000円ほど払えば屋形船を借りることができたり、2万円ほど払えば水上船からも東京湾の花火を楽しむことができます。

カップルで行くには最高の花火ではないでしょうか!?

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存