いたばし花火大会混雑を避けて見れる穴場スポット特集!

荒川の両岸の河川敷を会場に、
東京側にいたばし花火大会になります、

埼玉側は戸田の花火大会として行われます。

この板橋の花火大会は、
都内で行われる花火大会では最大級といわれる
一尺五寸玉の打ち上げを実施しています。

この板橋の花火大会ですが毎回混雑が凄い!?

ゆっくりと見れる穴場スポットはどこかというのを
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

いたばし花火大会のプログラム

itabashi

まずは2015年のいたばし花火大会の日程です。

日時:2015年8月1日 19:00〜20:30
来場者数:約52万人

打ち上げる場所は国道17号の戸田橋上流板橋側の荒川河川敷になります。

ちなみに車ではいけないので電車かバスを使うことをオススメします。

当日のプログラム

19:10
ワイドスターマインが5カ所から打ち上がる。
ド迫力のオープニングで幕が上がる。

19:30
日本最高峰の技を持つ10人の花火師による、
芸術玉の競演の披露

20:00
来場者や主催者を含む会場が一つとなる、
15万人の三本締めでは一尺五寸玉が登場。

21:25
場内2カ所に設置された総延長700mの
関東最大級の規模を誇る大ナイアガラの滝!

20:30
5カ所から上がるワイドスターマイン、
夜空の大万華鏡でフィニッシュ!

こんな感じのプログラムになっています。

雨が降った場合は翌日の8月2日に延期になります。

スポンサーリンク

いたばし花火大会の穴場スポットは?

有料席を買ってしまえばOKなのですが、
無料でも結構よく見えます。

戸田側の河川敷

戸田花火大会も同日に開催されます。

もちろんこちらも混雑しますが、
板橋側よりも気持ち混雑は少ないです。

板橋の河川敷は花火を見易いこともあり、
かなりの混雑になります。

野草広場・芝生広場(荒川上流側の一般席)
itabashi

荒川下流の一般席に比べて、
荒川上流は比較的混雑が少ないです。

その理由は都営三田線のみの交通のため、
アクセスが若干不便だからです。

その分ゆったりと花火を堪能できます。

戸田競艇場近郊

板橋側というよりも埼玉側になります。
戸田競艇場近郊の河川敷も当日は解放されます。

こちらも他の場所に比べると比較的ゆったりと見れます。
最寄駅は「戸田公園駅」です。

浮間公園
ukima

JR埼京線の「浮間舟渡駅」のすぐそば、
花火大会の場所からは少し離れていますが、
意外としっかりと花火がみれちゃうんです。

イトーヨーカドー錦町店
itabashi

戸田橋川の穴場スポットです。
実はイトーヨーカドーの屋上も毎年解放されていて、
ゆっくりと花火を見ることが可能です。

しかしちょっと離れています。

笹目橋近郊
sasamebashi

橋の上からだと花火も綺麗に見れます。
しかし残念ながら橋の上なので座ることは不可能です。

以上のスポットから見ると比較的ゆったりと花火を
堪能できるのではないでしょうか?

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存