小学校夏休み自由研究!オススメの工作キットベスト3!

小学生の夏休みの宿題といえば忘れてはいけないのが
自由研究です。

でもいざ自由研究をやろうと思っても何をやればいいのかわからない・・・
という人も結構います。

そこで今回は小学生の夏休みの自由研究に
オススメの工作キットをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夏休みの自由研究にオススメの工作キットベスト3

1位 万華鏡

mangekyo

万華鏡とは筒の中を覗くといろんな模様が綺麗に写るオモチャの一種です。
実は万華鏡も自分で作れてしまうんですね!

用意するものは
・反射板3枚
・模様チップ1枚
・タックペーパー1枚
・筒1本
・模様紙(水玉がオススメ)
・キャップ2つ
・アクリル板1枚
・のり
・はさみ
・セロハンテープ
以上です。

では作り方です。
①反射板をシールで貼り合わせます。

②反射板を三角形にして固定します。

③筒に用意した折り紙を巻きつけ貼り付けます。

④紙を巻いた筒に先に作った鏡をいれます。

⑤大きい方の蓋にスパンコールを入れます。

⑥のぞき穴が空いている蓋を筒につけて完成!

▶︎こちらからの作り方がご確認いただけます。

スポンサーリンク

2位 スノードーム

snowdome

綺麗な雪が舞っているようなスノードーム。
空き瓶など家にあるもので簡単に作れちゃいます。

用意するものは
・空き瓶
・スポンジ
・卵の殻(薄皮を剥きよく乾かす)
・小さい人形
・液体ノリ数本
・カッター
・瞬間接着剤
・割り箸
・鉛筆
・ビニール袋
以上です。

作り方です。
①ビニール袋に卵の殻を入れてよく叩いて細かくしていきます。

②スポンジを空き瓶の口に当てて大きさをマークします。

③空き瓶の大きさにスポンジを切ります。
その際に瓶の大きさよりも少し小さくし形を整えます。

④スポンジと中に用意した人形を入れます。
その際スポンジの位置を調整します。

⑤スポンジと瓶の蓋を瞬間接着剤でとめます。

⑥空き瓶に7分目ほどまで水を入れます。
そのあと8分目あたりを目安に用意した液体ノリを入れます。

⑦割り箸などでよく混ぜ合わせます。

⑧混ぜ合わさったら先ほど粉々にした卵の殻を入れます。
沈むのが早い場合は液体ノリを少し加えましょう!

⑨たまごの殻を入れ、蓋をします。
その蓋につけたスポンジに水が染み込むように15分ほどそのままにします。
その際水の調整をします。

⑩1度蓋を取り水気をとった後に蓋の内側に瞬間接着剤をつけてしっかりと蓋をして完成となります。

3位 ビー玉を使った迷路

ダンボールとビー玉を使った迷路を自分で作っちゃいましょう!

用意するものは
・ダンボール
・鉛筆
・消しゴム
・定規
・ビー玉
・ペットボトルの蓋
・木工用ボンド
・はさみ
・カッター
・ビニールテープ
以上です。

作り方です。

①まずはどんな迷路にするかを簡単に紙にかきましょう!

②用意したダンボールを底から5cmほどのところから切ります。
この時底を土台にして切り取った部分も後に使用しますので、
捨てないでください。

③切り取ったダンボールの底に3〜5cmほどのマス目を鉛筆で書きます。

④スタートとゴールを決めます。
いらないマス目の線を消して迷路の土台を作ります。

⑤何箇所かポイントで落とし穴なんかを用意しましょう!

⑥底以外の部分のダンボールを5cm程の幅にします。

⑦下地に書いた迷路の長さに合わせて調整します。

⑧長さを整えながらボンドを使い底になる土台に貼り付けていきます。

⑨迷路の下地に貼り付けたら完成です。

以上がオススメの自由研究工作キットです。

どれもお手軽につくれますので、
ぜひトライしてみてください。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

  • Evernoteに保存Evernoteに保存