ケノンの普通カードリッジとエクセトラの種類の違いは?持ちはどの位?

kenon

進化し続ける脱毛器として人気が高いケノン。

発売以来、次々と改良を重ねてきました。

最も力を注いでいるのが、カートリッジの照射面積。

少しでも手早く済ませたいとの利用者の声に応える形で、現在は、3段階の大きさのカートリッジが用意されています。

カートリッジの種類と照射回数を整理してみました。

スポンサーリンク

照射回数はレベルによっても異なることに注意

ケノンを購入する目的は、さまざまです。

ヒゲが濃くて困っている営業マンはヒゲ脱毛に、ノースリーブを着こなしたい女性はワキ脱毛に、ビキニで彼を魅了したい若い女の子はデリケートゾーンのムダ毛処理に、それぞれコンプレックス解消を目指してケノンを購入します。

照射部位によって、何発打つ必要があるかは、当然変わります。

目安としては、顔(もちろんヒゲ脱毛も含みます)なら30発、両ワキならば6発、二の腕やひじ下は30発ずつ、両手で10発、Vライン20発、ひざ上やひざ下は200発ずつになります。

そこで、全身隈なく脱毛しようとすると、1回の照射で500発打つことが必要になります。

見逃しやすいのが、レベルによる違い。

仮に全身脱毛をしようとすると、毎回500発打つことになりますが、同じカートリッジを使って、レベル1なら100回照射できます。

2週間に1回照射する通常のペースで脱毛を行なうとすると、100回なら50ヶ月持つことになります。

しかし、レベル10で照射しようとすると、20回分にとどまります

20回だと10ヶ月分です。

ケノンを使いだしてから脱毛効果を実感するまでの期間を、メーカーは、一応4ヶ月ほどと見ていますので、1人でケノンを使う分には、全身脱毛をレベル10でしても、一応間に合うかもしれません。

ただし、本当にスベスベお肌が手に入ったと、審美眼に富んだ女性が満足するには、最低でも1年半はかかるようです。

そうすると、剛毛でレベル10でガンガン照射したいという人は、予備のカートリッジを検討した方が無難ということになります。

スポンサーリンク

→女性が選ぶ!処理して欲しい男の体毛ベスト3!理由は××だった!

照射面積が抜群に広いエクストララージカートリッジ

現在、ケノンで使用できるカートリッジは、照射面積の広さによって3通りあります。

広い方から、エクストララージ、ラージ、スリムの3種類です。

照射面積と打てる回数は、次のようになっています。

エクストララージは、25mm×37mm。

業界最大の照射面積9.25㎠。

ショット数は、レベル1で20万発、レベル10で1万3043発。

ラージは、20mm×35mm。

ショット数は、レベル1で同じく20万発、レベル10では1万発です。

スリムは、15mm×30mm。

ショット数は、レベル1で16万発、レベル10で8839発です。

ちなみに、ラージとエクストララージでは、ショット数がどの位違うのか?

身長168cm、体重60kgの成人男性のひじ下でテストした結果があります。

スリムでは、ひじ下には30発打つ必要がありますが、ラージだと23発。

エクストララージになると、15発で完了するとのこと。

時間にして約1分半。脱毛にかける時間が大幅に短縮されます。

また、ショットを少なくできるので、剛毛で全身脱毛を考えている人は、最終的には持ちが良く、エクストララージカートリッジを購入するのに必要な5100円(本体セット購入価格)のモトが取れる可能性があると言えるでしょう。

→妊娠初期のヨガのメリットとデメリット!やってはいけない×××とは?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加