前頭葉やおでこが痛い頭痛の原因は×××だった!治療に効果的な3つのポイント

forehead

前頭部が痛むときは、「あの部分」も疲れてない!?

スポンサーリンク

頭の前の方が痛むとき、原因として意外と見落としがちなのが眼精疲労です。

私たちは普段目の周りの筋肉を意識して物を見るということは、ほとんどありません。

しかし、外部からの情報の大部分を視覚に頼っているため、ただ物を見るだけでも目の周囲の筋肉が細かく動いて情報を集めようとします。

「長時間本を読む」「PCやスマホを見る」など、集中して目を使うと、それだけ目の周辺の筋肉に負担を与えることになります。

目の周囲の筋肉が凝ることによって、おでこの周辺の血流も悪くなり、前頭部の頭痛が発生します。

また、眼精疲労によって視力が低下し、よく見ようとすることで姿勢が悪くなったり、体に無駄な力が入ったりすることも頭痛の原因になると考えられます。

スポンサーリンク

▶︎子供が頭痛でこめかみが痛いのは肩こりが原因?対処法は血管を冷やす事?

頭痛を伴う眼精疲労の治療法3つのポイント

自分でできる眼精疲労の治療法としては、まずは目を休めることが重要になります。

その際、蒸しタオルなどを用いて目を温めると、目の筋肉の凝りをほぐし血行を良くすることができます。

眼精疲労の治療では逆に目を冷やす治療法もありますが、頭痛が起きている場合は温めた方が効果的です。

2つ目のポイントは普段の目の使い方を改善することです。

読書など目を使う作業をするときは、部屋の明るさに注意します。

暗いと目が疲れやすいのはもちろん、明るすぎるのも目に良くありません。

また、PCやスマホを使うときはモニターから充分に距離を取り、できれば定期的に休憩をはさみましょう。

ブルーライトを軽減するフィルムや眼鏡を利用するのも効果的です。

3つ目のポイントは、ストレスの軽減になります。

実は、最近増えている眼精疲労の原因に、精神的なストレスがあるといわれています。

休日には趣味などを楽しみ、日ごろのストレスをリセットすることが重要です。

最後にひとつ注意点として、前頭葉の頭痛の原因には脳出血や脳腫瘍など重大な病気が原因になっている場合もあります。

眼精疲労も含めて、頭痛外来で原因を特定するというのも治療には重要になります。

▶︎二日酔いの頭痛の治し方!効果のあるツボや食べ物は?迎え酒はNG⁉︎


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加