元旦と元日の違いは?年賀状を送るのに知っておきたいポイント!

年賀状の販売が始まって、隙間時間に年賀状の作成に取り掛かった人も多いことでしょう。

日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝え、今後も変わらぬ関係を保っていくために欠かせない挨拶状が年賀状です。

メールが日常化しているだけに、年に一度、年賀はがきで改まった挨拶をすることには、大切な意味があります。

心を込めて作成したいものです。

年賀状作成にあたって、注意したいことをまとめました。

スポンサーリンク

元旦と元日はどう違う?

newyear2

年賀状の終わりに決まり文句のように使われている「元旦」や「元日」。

どう違うのか、ご存知ですか?違いを理解した上で、今回送る年賀状には正しい言葉を用いるようにしましょう。

「元旦」は、元日の朝を表す言葉です。

「旦」は、地平線から太陽が昇る様子を表した象形文字です。

そこで、「元旦」とは、元日の朝を表します。

年賀状に「元旦」と書く場合、正確には、一月一日の午前中に届くものであることが求められます。

一月一日に届くように投函した場合、たいていは午前中に配達されるため、「元旦」と書くのが一般的になっています。

午後も含めた一月一日全体を表すのが、「元日」です。

厳密には、一月一日の午後に届けられる年賀状では、「元旦」ではなく、「元日」と書くのが適当ということになります。

ただし、通常は、一月一日に届くように投函した場合、配達は午前中になされるので、「元旦」と書くのが一般的です。

スポンサーリンク

▶︎喪中の場合は親戚への新年の挨拶はどのようにすれば良いのか?

年賀状での言葉の使い方で注意したい3つのこと

newyear

1.意味の重複を避ける。

「一月一日元日」と書くことは、まずありえないでしょう。

意味が重複しているとの自覚があるからです。

しかし、「元旦」になると、少々怪しくなるようです。

「一月一日元旦」と書く人がいます。

「元旦」の「旦」に朝の意味があると知っている人に起こりやすい間違いです。

「元旦」自体に一月一日という意味が含まれています。「平成○○年元旦」として、日付は記入しないようにしてください。

また、「新年明けましておめでとうございます」という賀詞の書き方も、同じ理由から誤りです。

「新年」と「明けまして」は、どちらも年が明けたことを表す言葉です。

意味が重複するため、「新年明けましておめでとうございます」とは書かないようにしましょう。

2.目上の方には四文字の賀詞か文章の賀詞を用いる。

賀詞にはたくさんの種類があります。

印刷をしてもらう時には、絵を中心に選びがちですが、賀詞にも注意を払いましょう。

目上の方にお出しする年賀状では、「謹賀新年」「恭賀新年」など、謹んだ気持ちを意味する文字を含んだ四文字の賀詞か文章の賀詞を用いるようにしましょう。

3.「賀正」「迎春」といった二文字の賀詞は目下宛て。

近年は、「賀正」「迎春」といった賀詞がよく用いられるようになりました。

ただし、こうした二文字の賀詞は、原則として目下の人宛ての年賀状で用いられることを理解しておきましょう。

上司や目上の方にお出しする年賀状では、二文字の賀詞は使わないようにしましょう。

▶︎2016年お年玉年賀状は郵便局からいつ発売?デザインのラインナップは?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加