法事の香典に包む金額は?親・夫婦・親戚等の相場について!

亡くなりごとにまつわる揉め事は、後味の悪いものです。

しかし、お葬式や法事の際に人間関係がこじれるということは、実は珍しいことではありません。

香典に包んだ金額がもとで、後々まで気まずい思いをするというようなことがないようにしたいものです。

法事に招かれた時に、香典としてどのくらいを用意したら良いでしょうか?

スポンサーリンク

法事とは?香典とは?

funeral2

冠婚葬祭の行事は、年々簡素化される傾向にありますが、亡くなりごとに関しては、おめでたい席よりも古くからのしきたりを残しているようです。

法事は、故人の冥福を祈り、供養するための仏教行事です。

四十九日の忌明けまで、厳密には七日おきに法要があります。

ただし、忌明けまでの法要は、初七日と四十九日以外は、遺族のみで行われるのが普通です。

一般的には四十九日が忌明けとされ、この日を過ぎると、年忌法要となります。

お葬式や法事に持参する香典は、故人に対する供養の気持ちを表すものです。

現代では、線香や花の代わりに現金をお渡しします。

香典には、葬儀という突然の出費に対してお互いに助け合う意味もあると言われています。

仏教だけでなく、神道やキリスト教においても、香典に該当するものはあります。

ただし、不祝儀袋に書く表書きや水引が、宗教によって異なるので、注意が必要です。

法事に持参するお香典ののし袋の表書きは、「御仏前」が一般的です。

お葬式では「御霊前」が使われますが、忌明けの日を境に「御霊前」は使えなくなりますので、注意しましょう。

「御仏前」以外には、「御香料」や「御供物料」も使われます。

「御供物料」は、仏式以外に、神式でもキリスト教式でも使えます。

なお、遺族が初七日から四十九日までの法要にお寺にお包みするお礼については、表書きは「御布施」「御経料」「御法禮」「御回向料」などとしますが、これらは忌明け後も用いられます。

水引は、仏式では、四十九日の忌明けまでは黒白の水引、四十九日の後は黄白の水引を使用します。

神式では双銀の水引を使います。

キリスト教式では、白い封筒に入れ、水引はかけません。

スポンサーリンク

▶︎お彼岸のおはぎを自宅で簡単に作れるレシピ!炊飯器で簡単おはぎ!

香典の相場は?

funeral

香典の目安は、5000円から1万円とされています。

両親や兄弟姉妹が亡くなった場合は、故人との関係が深いため、1万円は包むのが常識とされます。

相場は、両親の場合が1万円から5万円、兄弟姉妹が1万円から3万円です。

自分の親が亡くなった場合、喪主以外の子供は香典を出します。

祖父母、おじ・おば、その他の親戚については、同居していたかどうか、普段の付き合いの様子はどうだったかということを考え合わせ、3000円から1万円の幅で考えると良いでしょう。

ただし、4000円とか9000円という金額は、「死」や「苦」を連想させるということで、お悔やみごとには控えるのがマナーです。

夫婦で参列する場合は、一家族と考えます。

その場合、○万○千円というような端数が出るような金額はいけません。

不祝儀袋は、夫婦で一つのものを使います。

名前は夫の氏名だけでかまいませんが、夫婦ともに故人にお世話になっていた場合は、中央に夫の氏名を書き、左に妻の名を添えます。

▶︎喪中はがきを出すべき⁈服喪期間や範囲は?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加