お中元やお歳暮の時期は地域によって違うのか?贈るのが遅れた時には⁈

スーパーやデパートではそろそろお歳暮商戦が始まりました。

消費税が上がってから引き締めに努めていても、年末のご挨拶だけは欠かせません。

お贈りする方のリストを用意し、贈る品を考える時期になりました。

もう一つ大切なのが、お贈りする時期。

地域によって、お中元やお歳暮をお贈りする時期に微妙な差があります。

失礼の無い時期にお贈りするようにしましょう。

スポンサーリンク

お中元は地域差が大きい

ocyugen

中元とは、道教の風習、三元の一つです。

三元とは、上元・中元・下元です。中元は、旧暦7月15日のこと。

祖先の霊を供養する日のことでした。

江戸時代になって、商い先や世話になった人に贈り物をするようになり、その習慣が今日に伝わっています。

お中元を贈る時期には、地域による違いがあります。

時期の違いは、関東と関西に大きく分けることができます。

関東は新暦の中元の時期、関西は旧暦の中元の時期を基準にしています。

具体的な時期は、次の通りです。

関東と東北は、7月1日~7月15日。

北海道・東海・近畿・中国・四国は、7月15日~8月15日。

北陸は、関東と関西が入り混じり、金沢などの都市部が7月1日~7月15日、能登などが7月15日~8月15日。

九州は、8月上旬~8月15日に贈るのがマナーとされています。

ただし、いずれの地域も、近年は徐々に早くなっているようです。

ことに早くなっているのが関東。

関東では、6月20日過ぎから贈り始めるようです。

中元の時期を過ぎてしまった場合は、立秋までなら「暑中御見舞」、その後は8月末くらいまでに「残暑御見舞」として贈ります。

スポンサーリンク

▶︎会社の新年会の余興で盛り上がる踊りベスト5!AKB48が1位か?

お歳暮は全国的に12月20日頃までに贈る

oseibo

歳暮は、もともとは年の暮れを指す言葉です。

先祖の霊を迎えるためのお供え物を暮れまでに届ける風習が始まりです。

江戸時代に商人が得意先に物を贈ったり、分家が本家に挨拶の品を持参したりするようになり、その習慣が今日に及んでいます。

お中元もお歳暮も、継続的にお付き合いのある相手に感謝の気持ちを込め、「これからもお世話になります」という気持ちを表すために品物を贈ります。

お中元とお歳暮の両方をお贈りするのが難しい場合は、お中元を省略し、お歳暮だけを贈るということも少なくありません。

年に一度のご挨拶になることも増えていますので、期間内に贈るようにしたいものです。

贈り始めは、12月10日頃からのところが大半ですが、関東だけは12月1日からとなっているようです。

いつまでに先方に届くようにするかということについては、地域差は無く、全国的に12月20日頃までとなっています。

ただし、東京や神奈川などは、近年は12月上旬には届くように贈るのがマナーになっているようです。

お歳暮は、遅くとも12月25日くらいまでに届くようにしましょう。

年末の慌ただしい時期に贈り物をするのは、先方に迷惑になることもあるためです。

また、先方が不在にしていて、届いた時には賞味期限が切れていたというようなことがあっては失礼です。

どうしても年内に届くように贈れない場合は、年が明けてから贈るようにしましょう。

松の内までなら「お年賀」、松の内を過ぎて立春までに届ける場合は「寒中御見舞」として贈ります。

ただし、松の内は、関東と関西で異なるので、注意が必要です。

関東では1月7日まで、関西では1月15日までを松の内としています。

▶︎2016年のカレンダーが販売!売れ筋アイドルは?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加