中学生や高校生の冬休み期間はいつからいつまで?

冬休みには家族揃って帰省するという人も多いことでしょう。

子供の冬休み期間も確認する必要がありますよね。

中学や高校の冬休み期間は、いつからいつまでなのでしょうか?

スポンサーリンク

始まりには2つのパターンがある

school

年配の人にとって、冬休みの始まりは12月25日という感覚があるのではないでしょうか?

しかし、元号が昭和から平成に移行してからは、天皇誕生日が12月23日になったため、天皇誕生日を基準として冬休みを12月23日とする学校も増えてきました。

現在、約30%の学校が、12月23日から冬休みとしているとの調査結果があります。

現在、冬休みの始まりには、2つのパターンがあります。

12月25日のクリスマスを基準にする学校では、24日に終業式を行います。

12月23日の天皇誕生日を基準にする学校では、22日に終業式を行います。

クリスマスや天皇誕生日が月曜日の場合は、土日のお休みが入るため、終業式は前の週の金曜日に繰り上がります。

そこで、天皇誕生日を基準にする場合、12月23日が月曜日になると、終業式を20日に行い、実質的には21日から冬休みが始まることになります。

ちなみに2015年は、12月23日は水曜日、25日は金曜日なので、繰り上がることはありません。

スポンサーリンク

▶︎冬の旅行子供も楽しめるオススメの国内旅行ベスト3!

いつまでかは地域によって異なる

school

冬休みの終わりは、地域ごとに変わります。

寒い北海道では冬休みは長く、暑い沖縄では冬休みは短くなっています。

ただし、冬休みが長い北海道では、夏休みが短くなります。

地域ごとの冬休みの終わりの目安は、次の通りです。

北海道→1月19日くらいまで(25日間)、東北地方→1月14日くらいまで(20日間)、沖縄→1月4日くらいまで(10日間)、関東・中部・近畿・中国・四国・九州→1月7日か1月8日まで(14日間)ちなみに今回の冬休みが最も長いのは、北海道札幌市と岩手県盛岡市の12月25日から1月20日の27日間、最も短いのは、沖縄県那覇市の12月26日から1月4日の10日間です。

▶︎冬に食べたいオススメの鍋ランキングベスト5

世界の冬休みは?

overseas

年末年始を休みにする冬休みは、年末に大掃除をして正月を祝う日本ならではの慣習と言えます。

ヨーロッパには、冬休みがありません。

クリスマス休暇はありますが、元日の1月1日を祝日として休むと、1月2日からは平常の授業になります。

中国や韓国では、旧正月を祝うため、アジアと言っても日本と事情が異なります。

中国では1月後半から2月後半まで、韓国では12月25日頃から2月5日頃までが冬休みになります。

▶︎冬といえば何を連想する?冬の行事ランキングベスト5!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加