非常食に必要な水の量は?最低何日分は持つ必要があるのか?

東日本大震災の影響で、その後、非常食を見直す方が増えました。

今では様々な非常食が売られています。しかし、非常食に対して知識がないと、どのくらいを備蓄しておけば良いのかがなかなか分かりません。

日常、頻繁に使いう水に対しても、日ごろ計算しながら生活しているわけでもない訳ですし、どのくらい用意すれば安心なのか見当付きません。

はたして、どのくらいの水の量が安心できる量と言えるのでしょうか?

スポンサーリンク

非常食に必要な水の量とは?

water

世間的には災害が起きてしまったときに、水道やガスなどの設備が復旧するまでには最低で3日かかると言われています。

また、この日数には「3日あれば自衛隊が物資を届けてくれるだろう」という安易な考えも含まれて居ると言われています。

これらのことから、水や食料は3日分は絶対的に必要と言えるでしょう。

しかしながら、この3日というのは全ての人に当てはまらないと言われています。

山岳地帯など交通に不便な場所に住んでいる人などは、3日では救助が間に合わず、大幅に遅れます。

実際に東日本大震災では、1週間以上孤立してしまった場所も有りました。

そのようなデータは非常食の件に関して、大変貴重なデータであると言えます。

ご自身の住まいが救助困難な場所でしたら、非常食の備蓄量は3日分ではなく1週間は用意しておくことが良いでしょう。

大人の1日の水の必要量は3リットルと言われていますが、これらも最低と考えてください。使い方によっては全く足らない値です。

余裕を持って安心したい方は4リットルでも良いでしょう。

スポンサーリンク

▶︎台風アレルギー?台風の影響で体調(頭痛・咳・鼻づまり)が悪くなる?

いざという時のために、シュミレーションするのも良いこと

disasterbe

実際、いざという時にならなければ、分からないことも有るかと思います。

その場合は非常食だけで1日過ごしてみるのも良い方法かもしれません。

そうする事により、必要な量が現実的に把握でき、用意するうえで計算がしやすいですし、実際試したわけですから安心が出来ます。

いまだに日本はいつ大地震が起きてもおかしくない状況だと言われています。

それらを踏まえて、非常食を用意しておきましょう。

▶︎台風と嵐の違いって何?意外と知らない×××の違いについて!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加