七五三の母親の服装は?着物それともスーツ?着まわしを考えたらコレ!

子供の健やかな成長を祝う七五三。

子供を華やかに装わせる準備を整えて安心してしまい、自分の準備を忘れてしまうママもいるようです。直前になって「どうしよう⁈」と慌てる人も。

さまざまな冠婚葬祭がカジュアルになってきている今日、「絶対にこの服装でなくてはならない!」というような決まりはなくなりましたが、最低限、2つのことに気をつけて、ママも服装を整えましょう。

スポンサーリンク

七五三の時の母親の服装で注意したい2つのポイント

753

七五三は、子供が主体です。子供の服装の格式よりも、両親の服装の格式は一段下げることが大切です。子供よりも両親が目立つことがないようにしてください。

母親と父親の服装の格は合わせるようにします。両親の間で、服装の格が異なると、ちぐはぐな印象を与えますので、注意しましょう。

もう一つのポイントは、神社に行くということです。神前に出るわけですから、フォーマルな服装が望ましいと言えます。フォーマルな服装と言うと、ブラックフォーマルしか持っていないという人もいます。

ブラックフォーマルでは、弔事と見分けがつきにくく、写真撮影の際の顔写りも暗くなってしまいます。父親はブラックフォーマルでも構いませんが、母親もブラックフォーマルではお祝いムードが出ませんので、女性は明るめのグレーやベージュなどが無難でしょう。

注意したいのが、スカート丈です。膝が出てしまう短めのスカートを着用している若いママもいますが、神前に出る時には、膝を出さないのがマナーです。試着する機会があったら、スカート丈には注意してください。

スポンサーリンク

▶︎敬老の日は何歳から祝うのか?敬老の日にするべき×××とは?

最近はスーツ着用も多い

753

昔は、母親も七五三では着物を着ることが多かったようです。付け下げか訪問着で、帯は二重太鼓という姿が一般的でした。しかし、着物を着る機会が減った今日では、七五三の時に母親が着物を着ることも減ってきました。

子供に晴れ着を着せたり、晴れ着を着た子供のトイレの世話をしたりと、当日は忙しくします。活動的な洋服が好まれるようです。

洋服ならば、きちんとした場面で着まわしが効くスーツを、1着用意しておくと良いでしょう。入園、卒園、入学、卒業と、子供の成長に伴って、きちんとしたスーツを着る機会は、定期的に巡ってきます。また、参観日にも上手に着まわして、利用の機会を増やすようにしたいものです。

着まわしに便利なのが、セレモニースーツです。セレモニースーツは、ビジネススーツよりも柔らかみがあって華やかなデザインのものが多いので、単品でも使え、ジャケットだけを軽めのワンピースに合わせれば、参観日にも使えます。

素材はツイード系、デザインはノーカラージャケットを選ぶと、応用範囲が広いと言えます。流行りすたりがないので、長く着られます。七五三の時にはパールのネックレスを合わせると良いでしょう。

1・2・・>>次のページへ

 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加